ミンチー・クオ「MacBookの生産体制は3月下旬から復活。また、シザーキーボードを備えた新型MacBook/Airが登場する」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「MacBookの生産体制は3月下旬から復活。また、シザーキーボードを備えた新型MacBook/Airが登場する」

アナリストMing-Chi Kuo氏による最新レポートによれば、Appleは2020年第2四半期に、シザーキーボードを備えた新しいMacBook ProおよびMacBook Airをリリースする予定です。

シザーキーボードを備えた新型MBP/MBAが登場

新型MacBook Proに関し、今回のレポートでKuo氏はこのMBPのサイズについては明らかにしていません。しかし、16インチMacBook Proがわずか数か月前にリリースされたことを踏まえると、どうやら14インチモデルについての話である可能性が高そう。

前々から噂になっているこの14インチMBPですが、現行13インチMacBook Proのサイズはそのままに、ベゼルレス化され14インチとなる模様です。

3月下旬から生産体制が改善

なお、気になるCOVID-19コロナウイルス大流行の影響ですが、Kuo氏によれば、3月下旬からMacBook関連サプライヤーの生産状況が大幅に改善されるため、生産体制が復活するとのこと。

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク