【更新】Xperia Z5シリーズと日本版Z5キャリア毎の違いまとめ。Antutuなどベンチマーク6種/評判○×/LTE周波数/通話・充電時間など

index_pic_02

スポンサーリンク

Xperia Z5シリーズの違い、日本版Z5のキャリアごとの違いは・・・

1.スペックから違う部分だけピックアップ

(Z5 Compact/Z5 Premiumのスペックは後日)

NTT ドコモ

Xperia Z5 SO-01H

au

Xperia Z5 SOV32

ソフトバンク

Xperia Z5

LTE対応周波数 FDD-LTE: B1/B3/B21/B19/B28 FDD-LTE: B1/B26/B28

WiMAX2+(TD-LTE) :B41

FDD-LTE: B1/B3/B8

AXGP(TD-LTE): B41

通信速度 LTE:受信最大225Mbps、送信最大50Mbps(PREMIUM 4G対応) 4G LTE 800MHz:受信最大75Mbps、送信最大25Mbps

4G LTE 2GHz:受信最大150Mbps、送信最大12Mbps

4G LTE キャリアアグリゲーション:受信最大225Mbps

Wimax2+:受信最大110Mbps、送信最大10Mbps

Wimax2+キャリアアグリゲーション:受信最大220Mbps

CDMA2000(3G通信) 非対応

4G LTE:受信最大187.5Mbps、送信最大37.5Mbps

4G:受信最大165Mbps、送信最大10Mbps

通話時間 LTE:約 1160分

3G:約 740分

GSM:約 680分

LTE:約1250分

LTE:約 840分

3G:約 1440分

GSM:約 720分

待ち受け時間 LTE:約 410時間

3G:約 440時間

GSM:約 350時間

LTE:約500時間

WiMAX 2+:約500時間

LTE:約 550時間

4G:約 510時間

3G:約 590時間

GSM:約 520時間

充電時間 140分 130分 155分

2.ベンチマーク比較

※Xperia Z5 の各通信会社でのモデル、 SO-01H/SOV32/ソフトバンク版に性能差はほとんどないので掲載していません

・Z5シリーズでの性能スコア比較(カッコ内はベンチマークソフト名)

Z5  Z5C Z5P
バッテリー実使用時間 77.4時間 85.6時間 77.0時間
総合性能

(Antutu)

58,898 63,309 59,950
CPU性能

(Geekbench3 シングル/マルチ)

1304/3685 1304/3685 1350/4010
3Dグラフィック

(3D MARK Ice Storm Unlimited)

25759 26822 26446
Webブラウザ性能

(PCMark Web Browsing score)

7405 7297 7374
動画再生性能

(PCMark Video Playback )

4015 3883 3858

参考:

iPhone 6s Plus 実使用時間:85時間、Antutu:58,868、3Dグラフィック:27721

iPhone 6s 実使用時間:62時間、Antutu:60,766、3Dグラフィック:27857

3.評判

Xperia Z5

ここが○ ここが×
美しいディスプレイ。コントラスト比、色再現性もすばらしい 指紋認証センサーの認証力の悪さ
ディスプレイ輝度が700カンデラと高い バッテリーの持ちが悪い
高いCPU性能 美しいがごつごつして持ちにくいデザイン
レスポンスが良い 旧世代Xperiaと比べてそれほど動作が早くなったわけではない
カメラの性能の高さ。オートフォーカスは本当に一瞬 カメラアプリの起動が遅い
美しい本体デザイン  発熱対策が施されているが、使用中はそこそこ熱くなる
超解像技術で映像がきれい
ハイレゾ音源が聴ける。さらに普通の音源も解像技術でハイレゾ音源に近い音に
ノイズキャンセルとハイレゾ音源視聴の両立が可能に(ただし専用イヤフォン等が必要)
発熱対策が施されている

Xperia Z5 Compact

ここが○ ここが×
カメラの性能の良さ おもちゃみたいな安っぽい本体デザイン
コンパクトなデザイン 熱くなりやすく、特にゲームで発熱トラブルが起こる
ステレオスピーカー性能 平均的なHDディスプレイ解像度
1日半は持つ、優れたバッテリー 認識しないことがままある指紋認証
省電力機能STAMINA(スタミナ)モードが優秀 本体価格の高さ
優れた指紋認証機能 プレインストールアプリの多さ。しかしアプリは簡単にアンストールすることが出来る
アプリを簡単にアンインストールできるUI 本体背面はガラスで傷つきやすく、落とすと下手すると割れる

防水・防塵性

Xperia Z5 Premium

ここが○ ここが×
デザインの美しさ。背面の鏡面加工の美しさはまさにプレミアム感がある。 4Kディスプレイの使用用途が限られている。
4KディスプレイでのYouTubeなど動画、写真など静止画でのアップスケーリング機能が優れている Z5 やZ5 compactのディスプレイより、輝度が低く、暗い(Z3と同じ)。
すぐれたオーディオ性能 色温度がZ5より高い
サクサク動く

4.価格

・ドコモ  実質価格

Xperia Z5 SO-01H

新規 機種変更 のりかえ(MNP)
契約10年未満 51,192円(月2133円×24) 51,192円(月2,133円×24) 0円
契約10年以上 40,824円(月1,701円×24)
Xperia Z5 Compact SO-02H
契約10年未満 39,528円(月1,647円×24) 39,528円(月1,647円×24) 28,728円(月1,197円×24)
契約10年以上 29,160円(月1,215円×24)
Xperia Z5 Premium SO-03H
契約10年未満 71,280円(月2,970円×24) 71,280円(月2,970円×24) 28,728円(月1,197円×24)
契約10年以上 60,912円(月2,538円2,970円×24)

・au 実質価格

新規・機種変更 のりかえ(MNP)
「auスマートパス」+「毎月割」 43,200円(月1,800円×24) 0円
「毎月割」のみ(auスマートパス未加入) 50,976円(月2,124円×24) 7,776円(月324円×24)

auスマートパス ・・・月額372円の動画等コンテンツサービス

・ソフトバンク 実質価格

新規・機種変更 のりかえ(MNP)
42,720円(月1,780円×24) 0円

5.キャンペーン

・ドコモ

Xperia_docomo

当てて!選べる!ワクワクキャンペーン

1名にソニーストアお買物券10万円分が、10名に同5万円分が、100名に同1万円分が当たるキャンペーン。新規・MNPの場合は11月30日購入し、12月10日までエントリーを、機種変更の場合は11月30日までにエントリーする必要がある。

・au:2種類で計7000円キャッシュバック

Xperia_sov32 (2)

①:Xperia(TM) Z5 SOV32 予約キャンペーン

予約の上、契約するとau WALLET プリペイドカードへ2,000円 キャッシュバック。受付期間は2015年9月30日(水)~2015年10月28日(水)。

Xperia_sov32

②:au × Xperia™ Z5 ハイレゾ対応 同時購入キャンペーン

ヘッドセット「MDR-NC750(定価:11,800円)」とXperia Z5の同時購入でau walletへ5,000円キャッシュバック。

・ソフトバンク:種類が豊富

①:「予約購入イヤホンキャンペーン」

Xperia Z5を予約し購入したユーザーから抽選で2000名に、ハイレゾ対応マイク付きイヤホン「SE-5000HR(定価:8,800円)」とスマートウォッチ「SmartWatch 3 SWR50/WH(実勢価格:20,000円)」をセットでプレゼント。11月15日までの購入が対象。

sb01

SE-5000HR

②:「Harman Kardon スピーカープレゼントキャンペーン」

Xperia Z5を含めたソフトバンクのスマホ3機種を対象として、抽選で5万名に、Bluetoothスピーカー「Harman Kardon ONYX STUDIO(実勢価格10,800円)」をプレゼント。2015年12月31日までに購入したユーザーが対象。

4a.jpgoriginal

Harman Kardon ONYX STUDIO

③:「はじめよう!Google Play Musicキャンペーン」

Xperia Z5を含め、現在SoftBankまたはY!mobileのAndroid 搭載スマートフォン・タブレット利用中のユーザーで、キャンペーン期間中に初めて利用開始するユーザーを対象として、グーグルの音楽配信サービス「Google Play Music」が90日間無料で利用できるキャンペーン。10月28日から12月31日まで実施。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク