噂:Pixel 6ではGoogle自社製チップを搭載。サムスンと共同開発のチップ

スポンサーリンク

噂:Pixel 6ではGoogle自社製チップを搭載。サムスンと共同開発のチップ

サイト9 to 5 Googleによりますと、2021年リリース新型スマホ「Pixel 6」では、これまでのクアルコム製チップに代わり、Google製カスタムシリコンチップが搭載されるとのこと。

Google製チップについて

同サイトによれば、今年登場する「Pixel 6(コードネーム”Raven”と”Oriole”)」シリーズは、このカスタムSoCを採用予定。

またGoogleでは現在、「Slider」なるプラットフォーム構想が立ち上がっており、自社製SoCを採用するChromebookの開発も進められているとのこと。

このGoogle製シリコンチップ、社内では「GS 101 ”ホワイトチャペル”」と呼ばれており、サムスンと共同開発となる製品。すなわち、サムスンExynosプロセッサとアーキテクチャ、一部ソフトウェアコンポーネントが共通しているものとなっています。

なおPixel 6シリーズは、標準モデルと廉価モデルの2つが開発中。リリース日程はまだ明らかになっていません。

Source:9TO5GOOGLE

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク