アナリスト「iPad mini 第6世代は8.3インチディスプレイを搭載する」

スポンサーリンク

アナリスト「iPad mini 第6世代は8.3インチディスプレイを搭載する」

ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、現在開発中のアップル「iPad mini 第6世代」は、8.3インチのディスプレイを搭載します。これは、現行モデルの7.9インチディスプレイよりも大きいものとなっています。

加えてヤング氏によれば、iPad mini 6ではホームボタンがなくなり、ベゼルが狭くなったことでサイズが大きくなるとのこと。

iPad mini 6について

今秋の発売が見込まれるiPad mini 6については、ここ数週間、様々な噂情報が駆け巡っています。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、新しいiPad miniのサイズは8.5〜9インチになる可能性があるとし、一方BloombergのMark Gurman記者は、新しいiPad miniはより大きなディスプレイを搭載し、ベゼルがスリム化されるとしています。

新型iPad miniにおいて、ホームボタンが搭載されるかどうかについてはこれまで情報が錯綜していましたが、現在では、ホームボタンがなくTouch IDを備えた電源ボタンを搭載するという、まるでiPad Air 4のようなデザインになるとの噂でおおむね一致しています。

そのほか、チップセットはA14チップまたはA15、ポートはLightningではなくUSB-Cポートとの話。

ほか、ミニLEDパネルの搭載については意見が分かれており、まだ装備されるかはわかりません。

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク