日本版Xperia 5Ⅲ、ドコモ・au・ソフトバンク各社のデザインの違い

スポンサーリンク

日本版Xperia 5Ⅲ、ドコモ・au・ソフトバンク各社のデザインの違い

先日発表された、ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 5Ⅲ」。日本ではNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの3社から11月中旬以降に発売予定。

各社のデザインの違いは、次の通りとなっています。

まずはNTTドコモ版Xperia 5Ⅲ。

本体カラーはピンク、グリーン、フロストシルバー、フロストブラックの計4色が用意。うち、フロストシルバー、フロストブラックの2色は日本独自の本体カラーです。

ロゴは背面中央に”SONY”、下部に”Xperia”と”NTTdocomo”、そして製品ナンバーが入る仕様。

Xperia 1Ⅲの場合と同様に、他社より自社ロゴ(ドコモロゴ)を前面に出したデザインとなっています。

こちらはau版。ドコモと同じく、本体カラーはピンク、グリーン、フロストシルバー、フロストブラックの計4色。

ロゴは背面中央に”SONY”、下部に”Xperia”と製品ナンバー。

ソフトバンク版では、グリーン、フロストシルバー、フロストブラックの3色が用意。ロゴは中央に”SONY”、下部に”Xperia”と、もっとも海外グローバル版に近いデザインに。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク