日経新聞、2018年発売「iPhone 8」での有機ELディスプレイ搭載を報道

OLED_DISPLAY

曲げるのも簡単な有機ELディスプレイ

スポンサーリンク

2018年発売「iPhone 8」には有機ELディスプレイが搭載される?

日本経済新聞は11月26日付の記事において、アップルが2018年に発売するiPhoneのディスプレイに有機ELパネルを採用することを報道しました。

日経新聞によれば、アップルは鮮明な画像と省電力が特長の有機ELディスプレイに着目、数年前から研究を進め、今後液晶に比べメリットが多くなると判断。3年後発売のiPhoneでの本格的な搭載を目標としているようです。

有機ELといえば画質の美しさでよく知られていますが、加えてシンプルな構造による薄さと軽量性でも優れ、また液晶のようにバックライトがいらないので消費電力も抑えられると、数々のメリットがあげられるようです。

有機EL採用のiPhoneは今のiPhoneとは別ブランドに?Premiumモデル?

またさらに興味深いところでは、日経によれば「有機ELディスプレイの採用は全てのiPhoneで行われるのではない」という点です。これは有機ELディスプレイの生産能力によるもので、同紙は

iPhoneは世界出荷が年間2億台を超え、全量に搭載するパネルを確保するのは難しい。派生ブランドを用意するなどして一部のiPhoneで有機ELを採用し、液晶を搭載した製品と並行して販売する案が有力だ。

と伝えています。

そうすると、例えばソニーXperiaが高級路線”Premium”モデルを最新「Xperia Z5」から登場させたように、iPhoneでもさらなる高級モデルが用意されるということでしょうか。iPhoneは今ですら十分高いと思うのですが…。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク