Xperia Z6/Z7、iPhone 7/7sに搭載が噂されるデュアルカメラは何がすごいのか。写真画質に関する4つのメリット

camera_2

スポンサーリンク

デュアルカメラは何がすごいのか

最近いろいろなところで騒がれるようになってきたデュアルカメラ。

デュアルカメラに関しては2016年登場のXperia Z6やiPhone 7、または将来的に登場するXperia Z7やiPhone 7sでの搭載が噂されていますが、一体デュアルカメラにして何が変わるのでしょう。カメラ画質に関する主なメリットを紹介します。

デュアルカメラの主なメリット

①:画質の大幅な向上。暗い場所でもきれいな写真が可能に

②:一眼レフ並みの「ボケ」が可能に

③:さらに優れたHDR撮影。画質向上、ブレ写真が出来にくく、撮影時間も短く

④:撮影後のピント合わせが可能に

①:画質の大幅な向上。暗い場所でもきれいな写真が可能に

2015年4月にAppleが買収したデュアルカメラ関連企業「LinX(リンクス)」は、現在のスマートフォン向けカメラセンサーの状況とデュアルカメラがもたらすモノについて次のように述べています。

「携帯カメラの画質は限界に達している。各デバイスメーカーは違いを打ち出すために懸命に努力しているが、画素数での競争は終わり、次世代のスマホカメラに向けた打開策は見つかっていない。一方われわれリンクスのカメラは、異なる位置からから撮影した複数の画像を合成することによって、モバイル向けカメラに革命をもたらし、ユーザーは一眼レフを持たなくても良いようになる」

リンクスがこう話すように、デュアルカメラではまず写真画質の大幅なアップが期待されます。

例えば、これまでiPhoneのカメラが苦手としていた「暗い場所での撮影」も、大幅な改善が期待できるでしょう。

・iPhoneは暗い場所での撮影がニガテ

xperia-z5-lg-g4-iphone-6s-galaxy-note-5-camera-review-comparison1-min

実際、リンクスによる2013年でのサンプル写真では、薄暗い状況での撮影におけるデュアルカメラの「強さ」が分かります。次に紹介する写真は薄暗いバーで撮影されたもの。

DUALCAMERA (6)

写真をアップしたものがこちら。真ん中、リンクスのデュアルカメラではクッキリ、はっきりとした写真撮影が可能になっていることが分かります。

DUALCAMERA (2)

薄暗い部屋での人物撮影でも同じ。右のデュアルカメラで撮れていることがわかりますね。

DUALCAMERA (3)

なぜデュアルカメラになると薄暗い部屋でも写真がキレイに取れるようになるのか。これはンズを2つ搭載することで入ってくる光量が2倍となるため、高感度なカメラが実現、暗い環境下でも明るい写真撮影が可能になるからです

camera_2

②:一眼レフ並みの「ボケ」が可能に

加えてレンズに入ってくる光量が増えるということは、F値が小さくなることが可能になるというなので、これまでのスマホカメラにはない撮影写真での「ボケ味」が実現されます。

・F値の大小と光量と背景の「ボケ」の関係

camera_3

出典:ソニーホームページ

すでにデュアルカメラを搭載したファーウェイの「honor 6 Plus」はF値0.95という数字を達成、これによりhonor 6 Plusはファーウェイ曰く「一眼レフ並みの」ボケ味を出せる写真が撮れることを製品のウリにしています。

camera_4

honor 6 Plus商品説明ページより

③:さらに優れたHDR撮影。画質向上、ブレ写真出来にくく、撮影時間も短く

「暗い写真と明るい写真を別々に撮影し合成していいとこ取りをする」のがHDR撮影。スマホカメラのダイナミックレンジの狭さを補い、白飛びや黒飛びをなくすものですが、デュアルカメラではこれまで以上にきれいなHDR撮影、加えてHDR撮影時間の簡略化も可能になります

まず二つのカメラにより露出条件を変えて撮影することでダイナミックレンジが効果的に高められ、ハイライト部分や影の部分がよりハッキリ写った撮影が行えます。

camera

また複数枚撮って合成する仕組み上、これまでHDR撮影ではどうしても撮影に時間がかかり、結果ブレた写真が出来上がりやすいものでした。これもデュアルカメラではこれもレンズが倍になることで撮影速度が従来のほぼ倍にアップ、そのため手ブレや被写体ブレを抑えたHDR写真が簡単に撮れるようになります

人によってはこれが一番うれしいメリットかもしれません。

④:撮影後のピント合わせが可能に

また写真撮影後のピント合わせも可能になります。

これは撮影と同時に撮ったものとの距離を計測、距離情報を付与することで、撮影後でも好きな場所にぼかしを入れたりピント合わせの変更が可能になるというもの。

・デュアルカメラでは撮影後でのピント合わせが可能に

https://www.youtube.com/watch?v=etggvMP-nzM

dual_camera

まずは撮った写真を確認。手前のシリアルにピントが合っている。

dual_camera2

奥のパンケーキをタッチすると・・・

dual_camera3

手前から奥にピントが変わった!

そのほか薄型化、コストダウン、3D写真撮影、ジェスチャー動作が可能、VR技術との組み合わせでGPSいらずのナビゲーションが実現など様々なメリットがあげられますが、とにかくユーザーが一番うれしいのは上述したカメラ画質に関するメリットでしょう。

デュアルカメラを搭載したXperiaやiPhoneの登場に期待したいですね。

参考文献

phonearena “The next big frontier for iPhone cameras: Dual-camera setups ‘coming in 2017′” 2016年2月6日

ソニーホームページ「デジタル一眼カメラ α(アルファ) サポートトップ」

ファーウェイホームページ「honor6 Plus 機能」

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク