【レビュー】Nintendo Switch、数週間使ってみてココが〇×・良いところ悪いところ

スポンサーリンク

【レビュー】Nintendo Switchの良いところ&悪いところ、ここが〇×

2017年3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」。本体発売日に購入してから数週間、実際に使用してみての、ハード本体の良かったところと悪かったところを紹介していきます

(基本的にハードそのもののレビューなので、ソフトについては触れていません)

・YouTube動画版

https://www.youtube.com/watch?v=WMIggGmjnFE

・Nintendo Switch、ココが〇

①:TVゲーム機として携帯ゲーム機としてもプレイできる

なんといってもやはりこれ。テレビに接続して据え置きゲーム機としての使用でも、携帯ゲーム機としての使用でも、とにかく、いつでもどこでもゲームが楽しめるのは感動モノ。

ゼルダの美しいグラフィックがどこでも楽しめます!!!

携帯モードでは、性能が20%ほど落ちます(公称値)が、それもあまりわからないほど、携帯ゲーム機モードでもグラフィックが美しいものとなっています。

②:コントローラがけっこう操作しやすい

多種多様、さまざまななコントローラの持ち方があるNintendo Switchですが、どれもけっこう持ちやすく、よく考えられて設計されていることを実感します。

一番持ちにくそうな、一つのジョイコンを両手で持つ場合でも、結構ゲームが遊びやすく、ここら辺はさすが専用ゲーム機といったところ。

③:グラフィック性能が良い

これは最新ゲーム機なのである意味当たり前かもしれませんが、純粋にグラフィックが良いです。

・Nintendo Switch、ココが×

次は悪いところ

①:バッテリーの持ち時間があまりよくない

ゼルダなどグラフィックがきれいなソフトを遊んでいると、2~3時間ほどでバッテリーが終わってしまい、ここら辺、物足りなさを感じることが少なくありません。

②:本体ストレージ容量が少ない

32GBのストレージ容量となっているSwitchですが、実際に使えるストレージ容量はシステムソフトウェアなどを引いて25GBほど。

例えば、ゼルダの伝説のダウンロード容量は13GBほどなので、数本ソフトをダウンロードしていると、すぐにストレージがいっぱいになってしまいます。

主なゲームソフトでの必要容量

  • 「いけにえと雪のセツナ」 – 1.40 GB
  • 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」- 13.4 GB
  • 「ドラゴンクエストヒーローズI・II」 – 32 GB
  • 「信長の野望・創造 with パワーアップキット」 – 5 GB
  • 「ぷよぷよテトリス」 – 1.09 GB
  • 「魔界戦記ディスガイア5」 – 5.92 GB

関連

任天堂、Nintendo Switchの3月・4月発売ソフトのダウンロード容量を公開 任天堂は公式サイトにて、Ninten...

③:テーブルモードで置いた場合、本体の角度がよくない。安定性もあまりよくない

テーブルモードの際の、立てかけておく使い方の場合、傾斜角度があまり納得できるものではありません。またそもそも、立てかけると、安定性があまり良くありません。

④:Joy-Conグリップに充電機能がない


TVモードのときなどに使用するJoy-Con(ジョイコン)グリップには、充電機能がありません。そのため、プレイしているとバッテリー切れを起こすことがあります。

ジョイコンの充電切れを気にせずプレイするには、2,480円のジョイコン充電グリップか、6,980円の Proコントローラーを買う必要があります。

なお、ジョイコングリップそれ自体は、なかなか操作しやすいものとなっています。

⑤:十字キーが無く、ゲームによっては操作しづらい


これは結構慣れるものですが、例えば『ぷよぷよテトリス』など、細かい操作が必要なゲームの場合、十字キーが無いためそこそこ操作しづらいです。

個人的に一番困っているのがこれ。

・終わりに:基本的には良くできた、すばらしいゲーム機

というわけで、ざっとNintendo Switchの良かった点と悪かった点を挙げてきました。

結果として悪いところを多く挙げてしまいましたが、それは愛情の裏返し。基本的には、いつでもどこでも、美しいグラフィックのゲームがプレイできる大変優れたゲーム機だと思います。

あとはなんとか売れて、ソフトがだくさん発売されることを祈るのみでしょうか。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク