海外4月中旬発売、大画面Galaxy S8・S8 Plus/ Galaxy Note 8、噂リーク最新情報13トピック

スポンサーリンク

大画面が際立つ、Galaxy S8・S8+などのトピックス

サムスンの次世代スマートフォン「Galaxy S8」の噂情報まとめです。

スマホ系人気記事

海外4月発売?17年新型 Xperia XZ Premium / XZs / XA1・XA1 Ultra / Yoshinoリーク最新情報まとめ18トピックス
2017年新型 Xperia XZs・XZ Premium ほか、噂リーク最新情報まとめトピック スマホ系人気記事 ...
【まとめ】2017春、オススメのiPhone/Android無料ゲームアプリ・ベスト95!RPG/MMO/RTS/アクション【ここが〇×付き】
面白さに自信アリ!!この春遊びたいAndroid/iPhoneゲームアプリ! 紹介するアプリは実際にプレイし、かつAppstore/G...

更新情報

3/30:全体的に更新

【Galaxy S8・S8+の概要】

①:発売・価格・スペック

さまざまな噂を総合したもの

・発売日

発売:4月中旬(海外)

価格:750ドル~(Galaxy S8)

・スペック

発売モデル Galaxy S8 Galaxy S8+
OS Android 7.0
チップセットCPU サムスン Exynos 9 (8895)

クアルコム Snapdragon835

(2モデル制)

Exynos 9は性能27%増・電力40%減・ギガビットLTE対応

メモリ 4GB / 6GB
容量 64GB
画面 5.8インチ 6.2インチ
画面密度 571ppi 529ppi
画面特徴 「edge」シリーズのような曲面ディスプレイで、Galaxy S7シリーズより画面サイズが大きい。フチのない、べゼルレスなディスプレイ”infinity display(インフィニティディスプレイ)

スーパーAMOLEDディスプレイ

Galaxy edgeシリーズのようなエッジスクリーンに、上下のベゼルレス化も手伝って、画面占有率は驚異の84.26%/83.32%

画面占有率 84.26% 83.32%
画面解像度 2960×1440

画面アスペクト比率18.5:9 (2.06:1)

メインカメラ 1200万画素、F値1.7、光学手ブレ補正、オートHDR、4Kビデオ録画
フロントカメラ 800万画素、 f/1.7
AI iPhoneのSiriのような人工知能AIアシスタント「Bixby」を搭載
通信 4G LTE:Cat.16/13 (1Gbps/150Mbps)

Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac、Wi-Fi Direct、 Bluetooth 5.0

その他 ホームボタンは画面上に

指紋認証センサーは本体背面に

3.5mmヘッドフォン あり
USB Type-C USB Type-C (v3.1);
microSDカードスロット あり。256GBまで対応
バッテリー 3,000mAh

QuickCharge 2.0

3500mAh

QuickCharge 2.0

重さ 152g 173g
防水防塵 IP68
サウンド 傘下AKG製のヘッドフォン
センサー 加速度センサー、環境光、ジャイロ、ホールセンサ、近接センサー、虹彩認証センサー
本体カラー アークティックシルバー

オーキッドグレイ

ブラック スカイ

メイプルゴールド

コーラルブルー

【S8・S8+の特徴】

②:高色域化・HDR対応ディスプレイ

カラー色域がDCI-P3に拡張され、明るくクッキリしたHDR映像にも対応

・DCI-P3とは?

ディスプレイ製造でおなじみ、EIZOによる「DCI-P3」の説明は次の通り。

DCI-P3とは、米国の映画制作会社で構成される業界団体Digital Cinema Initiatives(DCI)で定められたデジタルシネマ規格です。

映画撮影に使われるカラーフィルムの色域に対応し、比較的広範囲の色域を表現できます。

出典:eizo.co.jp

現状のハイビジョンテレビ(Rec.709)を上回る、豊かなカラー表現が可能になる。

③:極限までフチを狭くした”Infinity Edge”ディスプレイを採用し、画面占有率83%

両端のフチだけでなく、上下のフチ部分も狭くなっており、本体に占める画面占有率は83%。これは、以前話題になったXiaomi Mi Mixとほぼ同じ

(Galaxy S7は72.1%、iPhone 7は65.6%)

・Xiaomi Mi Mix

④:ディスプレイの大画面化がなされるも、S7シリーズからサイズそのまま

べゼルレスにより、ディスプレイが大画面になるもサイズはGalaxy S7シリーズとほぼ同じ

・Galaxy S8シリーズとGalaxy S7シリーズの比較

⑤:これはスゴイ!画面をモニターに表示し、PCのように使用できる”DeX”機能

Windows 10 Mobileの”Continuum”のような機能がこの「DeX」。ドックを介してHDMIケーブルでモニターと接続しGalaxy S8の画面をモニターに表示する。

スマホの画面をただモニターに表示するだけでなく、WindowsのようなUIにマルチタスクが可能になるなど、PCライクな使用が可能になる中々すごい機能

⑥:音声AIアシスタント”Bixby”

iPhoneでいうところの”Siri(シリ)”のような役割を担うのがこの”Bixby”

⑦:新型チップセット「Exynos 9(8895)」「Snapdragon 835」を搭載

性能27%増・電力40%減・ギガビットLTE対応

例年のようにサムスン / クアルコム製のチップセットを搭載するGalaxy S8シリーズ。

例えばExynos 9は前モデルに比べ、性能27%増・電力40%減・ギガビットLTE対応といった性能の向上が謳われている。

リンク:samsung.com

⑧:5色カラー展開

⑨:虹彩認証センサーで、これまで以上に早い認証速度

Galaxy S8シリーズでは本人認証機能が進化し、これまでの指紋認証に加え、虹彩認証センサーを搭載。

⑩:ホームボタンはハプティック式に

本体画面が縦長になった代わりに、これまでの物理ホームボタンは消失。代わりにソフトウェアホームボタンが画面上に出現。

このホームボタン、iPhoneの3Dタッチでおなじみのハプティック式ホームボタンなので、ソフトウェア状とはいえ、きちんと”押している感触”があるものに

⑪:よりシンプルに、操作しやすくなったUI画面

シンプルさにさらに磨きがかかる

⑫:AKGブランドのヘッドフォン付属

サムスンは、AKGやJBLといったメーカーを傘下に持つ、アメリカの高級オーディオメーカー、「Harman(ハーマン)」を2016年11月に80億ドルで買収した。

そのためGalaxy S8シリーズでは、AKGブランドのヘッドフォンが同梱されるとのこと

【Galaxy Note 8】

⑬:Galaxy Note 8も開発中。17年に発売

・Galaxy Note 8、2017年に発売予定らしい

Galaxy Note 7のリコール・爆発騒動から危惧されたGalaxy Note 8の発売だが、どうやら来年発売されるらしい。

これはサムスンが韓国で実施しているGalaxy Note 7の交換プログラムから分かったもので、このプログラムに申し込むと、Galaxy Note 7ユーザーは来年(2017年)、格安でGalaxy S8またはGalaxy Note8に交換できる。

スポンサーリンク