17年新型9.7インチ「iPad」/ iPad Pro 2・10.5インチ / Air 3情報 、iPhone 7の不具合などスペック・リーク・発売日情報11トピック

【iPhone・Mac・iPad・アプリ系人気ページ】

17年登場 iPhone 8 最新情報

17年新型MacBook・Pro / Air 情報、9トピックス。17年は15インチMBPが大進化

【ここが〇×付】17春、オススメのiPhone/Android無料ゲームアプリ・ベスト87!

更新情報:

3/22:「1.新型9.7インチモデル「iPad」が登場!」


【17年新型iPad Pro】

New⇒1.新型9.7インチモデル「iPad」が登場!

噂されていた新型「10.5インチ iPad」に代わり、廉価版9.7インチ「iPad」が、iPad Air 2の後継モデルとして登場

3月25日に注文開始。3万7800円(32GBモデル)から

・新型「iPad」のスペック

CPU A9+M9
画面 9.7インチIPS、Retina
画面解像度 2,048×1,536

264ppi

記憶容量 32/128GB
メモリ 不明
WiFi 802.11a/b/g/n/ac

デュアルバンド

(2.4GHz/5GHz)

MIMO対応HT80

Bluetooth 4.2テクノロジー

通信 UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA

850/900/1700・2100/1900

/2100MHz

GSM/EDGE

850/900/1800/1900MHz

CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B

850/1900MHz

LTE:

バンド1、2、3、4、5、7、

8、12、13、17、18、19、

20、25、26、28、29、38、

39、40、41

カメラ メイン:800万画素

  • F値2.4
  • 1080p HDビデオ撮影
  • 3倍ビデオズーム

フロント:120万画素

  • F値2.2
  • 720p HDビデオ撮影
ポート Lightning
バッテリー 容量:32.4Wh

インターネット利用:10時間

オーディオ再生:10時間

ビデオ再生:10時間

(いずれもWi-Fi通信でのもの)

サイズ 240×169.5×7.5mm
Apple

Pay

対応
重さ 469g/478g
本体カラー シルバー

ゴールド

スペースグレイ

価格 32GBWi-Fi:37,800円

128GBWi-Fi:48,800円

32GB LTEあり:52,800円

128GB LTEあり:63,800円

New⇒・17年新型 iPad、iPad Pro 9.7インチ、iPad Air 2。各9.7インチ iPad での異なるポイント17個

17年新型iPad iPad Pro

9.7

iPad

Air 2

発売年 2017 2016 2014
最低価格 37800円 62800円 42800円
チップ A9 A9X A8X
Antutuスコア 13.5万点※1 17.3万点 10.5万点
耐指紋性撥油コーティング⇒汚れをふき取りやすい
高色域P3対応⇒多くの色が使えクッキリ × ×
TrueToneディスプレイ⇒時間によって画面の色が自動調節 × ×
フルラミネーションディスプレイ

⇒画面が白くならない・直接タッチ感あり

×
反射防止コーティング ×
メインカメラ 800万画素

フルHDビデオ撮影

1200万画素

Live Photos

TrueToneフラッシュ

4Kビデオ撮影

800万画素

フルHDビデオ撮影

前面カメラ 120万画素

500万画素

Retina Flash

120万画素

LTEバンド数 21バンド数 23バンド数 20バンド数
Apple

Pencile対応

× ×
Smart

keyboard対応

× ×
スピーカー数 2個 4個 2個
重さ 469g 437g 437g
厚さ 7.5mm 6.1mm 6.1mm

※1:A9のAntutuベンチマークスコアは iPhone 6s のものであり、参考扱いです。

New⇒・17年新型「iPad」と現行12.9インチ・9.7インチiPad Proの比較:

新型

9.7インチ「iPad」

12.9インチ

iPad Pro

9.7インチ

iPad Pro

基本性能・ベンチマークスコア
CPU A9 A9X A9X
Antutuスコア 13.5万点 19.2万点 17.3万点
 メモリ 不明 4GB 2GB
画面
サイズ 9.7型 12.9型 9.7型
解像度 2048x

1536

2732x

2048

2048x

1536

P3対応高色域 × ×  〇
TrueToneディスプレイ × ×  〇
耐指紋性撥油コーティング  〇  〇
フルラミネーションディスプレイ ×  〇
反射防止コーティング ×
カメラ
メインカメラ 800万画素

フルHDビデオ撮影

1200万画素

Live Photos

TrueToneフラッシュ

4Kビデオ撮影

前面カメラ 120万

画素

500万

画素

Retina Flash

2.既存モデルのアップデートも17年春に?

なお、12.9インチモデルのアップデートの噂も依然として存在している。

・17年モデル iPad 、発表時期の一覧表

サイズ 17年モデル 16年モデル
12.9インチ

;iPad Pro 2

17年春
10.5インチ

無くなった?

3/20~4月初め
9.7インチPro 3月24日
9.7インチ 3月21日

・新型iPad Pro 12.9インチ・アップルペンシル 2の噂スペック

正確な予想で知られるKGI証券アナリスト、台湾部品メーカー、投資銀行バークレイ、台湾メディアDigiTimesらの情報から

①:新型スタイラスペン「Apple Pencil 2」

・ポイント:

  • 磁石を搭載し、本体にくっつくように

②:17年春登場、マイナーチェンジモデル「 iPad Pro 2」

・新型12.9 インチ「 iPad Pro 2」のポイント :

  • 2016年に登場したMacBookProのように、有機ELバーが搭載される
  • ディスプレイの改善。2016年に発売されたiPad Pro 9.7インチモデルのように「True Tone」ディスプレイを採用。明るさや表現出来る色の数が増える
  • 発表は春、5~6月量産開始
  • メインモデルは10.5インチモデルと12.9インチモデル

・12.9インチiPad Pro、17年モデル「iPad Pro 2」と先代モデル「iPad Pro」の違い

17年モデル

「iPad Pro 2」

現行

「iPad Pro」

CPU A10X A9X
画面
サイズ 12.9インチ
P3対応色域

使える色が多い

×
TrueToneディスプレイ

画面がより色鮮やかで明るい

×
有機ELバー ×

・噂情報を元にした、新型 iPad Pro 2のコンセプトデザイン

べゼルレス大型化、新カラー、A10X、6GBメモリなど

https://www.youtube.com/watch?v=xEMR_XWtoP4

関連:

iPad Pro 2のコンセプト動画が公開。新カラー・デュアルカメラ・ベゼル幅狭く
iPad Pro 2のコンセプト動画が公開。新カラー・デュアルカメラ・ベゼル幅狭く デザイナーの Armend Lleshiさんは、来年2...

【iPhone 7/7 Plusをひとまとめ】

3.不具合9種類情報

不具合・注意点 対処法 くわしいぺージ
①:ジェットブラックは傷つきやすい カバーを取り付ける リンク
②:ジェットブラックは指紋が付きやすい カバーを取り付ける リンクリンク2
③:使用中に”シュー”と音がする 特になし。新CPU”A10”によるものらしい リンク
④:手袋をするとホームボタンが反応しない 特になし リンク
⑤:防水仕様だが、お風呂仕様で壊れた iPhoneの防水は他機種より弱い リンク
⑥:ホームボタンがフリーズし、動かなくなる 数分放っておくと動くように リンク
⑦:iPhone 7 Plus、2倍ズーム中は光学手振れ補正は使えない 特になし リンク
⑧:iTunesと同期できない iPhone7.SE、iPadPro9.7はXP・VistaでiTunesが同期できない リンク
⑨:LTE接続不良 特になし リンク

4.iPhone 7/iPhone 7 Plusのポイント10個

①:発売日

発売日は9月16日、予約は9月9日から

②:新しく本体カラーに「ジェットブラック」「ブラック」が登場

iphone_7_black_12

新しく、つややかな「ジェットブラック」マットな質感の「ブラック」の2色が登場し、シルバー、ゴールド、ローズゴールドも含めて5色展開に。一方スペースグレイは廃止。

③:防水防塵対応

新たにIP67レベルの防水防塵に対応する。ただしiPhoneより優れた防水性能を持つXperiaでも水中の使用で故障が報告されているので、過信は禁物

①:Xperia XZのIP68防水防塵性能について

⇒粉塵やごみの侵入が完全に防護され、水面下での使用が可能。

waterproof_dustproof_1

粉塵やごみの侵入が完全防護され、

waterproof_dustproof_2

水面下での使用もできる

・iPhone 7シリーズのIP67防水防塵について

⇒粉塵やごみの侵入が完全に防護され、水中での使用が可能。

waterproof_dustproof_1

粉塵やごみの侵入が完全防護され、

waterproof_dustproof_4

水中での使用も可能

よりくわしくは⇓

④:iPhone7のカメラ性能がさらに向上

・f1.8で暗いところでも明るく撮れる

・前面カメラも700万画素

・両モデルとも光学式手ブレ補正で手ブレなくに撮影可能

・4つのLEDでフラッシュ明るく撮れる

など

⑤:iPhone 7 Plusはデュアル(2個)レンズに

iPhone7でのカメラ画質上昇に加え、7 Plusではレンズが2個になったことにより、ズームと写真の画質がアップ

・光学ズーム(画質悪くならない):2倍

・デジタルズーム(画質が悪くなる):写真最大10倍、ビデオ最大6倍

iphone7_plus

・一眼レフカメラ並みのボケある写真が可能に

この機能は今後のアップデートで対応予定

iphone7_plus_2

⑤:ディスプレイが25%明るく、広色域に

iPad Pro 9.7並みの広い色域のあざやかなディスプレイ

⑥:スピーカーがステレオに

これまでのモノラル(1個)スピーカーからステレオ(2個)スピーカーに。これにより音量2倍

⑦:イヤフォンジャック廃止。ワイヤレスイヤフォンAirPods登場

イヤフォンジャックが廃止され、Lightningコネクタが付いたEarPods(イヤーポッズ)が付属。アダプタが用意され、これまでのイヤフォンも使用できる

またワイヤレスイヤフォンAirPodsも10月下旬に発売。

https://www.youtube.com/watch?v=gM9w15y1tzg

⑧:Apple Payが日本でも使用できるように

https://www.youtube.com/watch?v=2eUIr-sn570

iPhone 7がSuica代わりに。設定方法もiPhone 7をSuicaカードかSuica定期券の上に置くだけとカンタン。

⑨:ホームボタンが押し込み式でなくなり、ホームボタンが動かなくなるといったことともオサラバ!

圧力を感知して、疑似的に押した感触を指先に示す「タプティックエンジン」を採用。

これによりホームボタンがこれまでの「押し込み式」でなくなり、これまでのiPhoneであった「数年使っていると手あかがホームボタンに入り込んでホームボタンが反応しなくなる」ことが無くなる

⑩:バッテリーの持ちがさらに良く

バッテリー容量がそれぞれアップ

バッテリー容量 iPhone 6s iPhone 7
1715mAh 1960mAh
iPhone 6s Plus iPhone 7 Plus
2750mAh 2900mAh

⑪:新チップセット「A10 Fusion」。前モデルA9比で50%高速

昨年iPhone6sのとき悪い意味で話題になったサムスン製チップセットは用いられず、100%台湾TSMC製なので安心

5.iPhone7シリーズのスペック

(青太字がiPhone6sシリーズからの変更点)

iPhone 7 iPhone 7 Plus 
CPU A10 Fusion(TSMC製)2.33GHz、前モデルA9比で50%高速
画面 4.7インチ液晶 5.5インチ液晶
解像度 1,334 x 750 1,920 x 1,080
メモリ 2GB 3GB
容量 32/128/256GB
寸法 138.2×67.1×7.1 158.2×77.9×7.3
重さ 138g 188g
カメラ 1200万画素高画質化、f1.8 1200万画素高画質化×2、f1.8
イヤフォン端子 廃止。イヤフォンはライトニング端子接続に
バッテリー 1960 mAh 2900 mAh
防水防塵 IP67(水深1mで60分付けても動作可能、本体内にゴミ埃が入らない
カラー 新たに「ブラック」「ジェットブラック」が追加。「スペースグレイ」は廃止


【iPhone 7/7 Plusをくわしく】

6.デザインの大幅な変化

・アンテナラインが目立ちにくく、ブラック系の2色カラーも追加

iphone_7_black_12

iphone_7_black_17

7.バッテリー容量が増え、バッテリー持ち時間が増える

バッテリー容量 iPhone 6s iPhone 7
1715mAh 1960mAh
iPhone 6s Plus iPhone 7 Plus
2750mAh 2900mAh

8.iPhone 7 Plusはデュアルカメラ搭載。一眼レフ並みの撮影画質に

・iPhone 7 Plusはカメラを2個搭載し、デュアルカメラに

デュアルカメラの5つのメリット

①:2つあるカメラでそれぞれ別のモノを撮影

https://youtu.be/ZdP7h_O2rzo?t=1m18s

例えばその使い方を示した上の映像では、片方のカメラで数匹の犬を、もう片方のカメラで1匹の犬をズームして撮影するといった使い方が紹介されている。

②:画質の大幅な向上。暗い場所でもきれいな写真が可能に

レンズが2つになることにより入ってくる光量が2倍に。それにより明るく写真が撮れるようになる。

③:一眼レフ並みの「ボケ」が可能に

これも光量が増えることでの恩恵。

camera_4

④:さらに優れたHDR撮影。画質向上、ブレ写真が出来にくく、撮影時間も短く

二つのカメラをそれぞれ露出条件を変えて撮影することでダイナミックレンジが効果的に高められ、ハイライト部分や影の部分がよりハッキリ写った撮影が可能に。白飛び・黒飛びが抑えられる。HDR写真の撮影時間も短くなる

camera

⑤:撮影後のピント合わせが可能に

片方のレンズで距離条件を測定して撮ることにより、撮影後のピント合わせが可能に。

①:奥のパンケーキにピントが合っていたものが…

dual_camera3

②:タッチすると…

dual_camera2

③:手前にピントが移った!

dual_camera

9.CPUは新型「A10 Fusion」2.33GHz

・iPhone 7 PlusはiPad Pro12インチのベンチマークスコア超え

CPU・メモリ性能を計測するベンチマークソフト「Geekbench3」のスコアでiPad Pro12インチを超えている

geekbench-iphone-7-plus

・Geekbench3のマルチコアスコア

(公式データベースから直近30スコアを平均)

順位 デバイス名 スコア
1 Huawei P9 6100
2 iPhone 7 Plus 5800
3 iPad Pro 12.9 5470
4 iPad Pro 9.7 5250
5 Galaxy S7 (Snapdragon 820) 5102
6 Galaxy S7 edge (Snapdragon 820) 4758
7 Galaxy S7 (Exynos 8890) 4635
8 Xperia X Performance 4630
9 iPad Air 2 4630
10 Galaxy S7 edge (Exynos 8890) 4610


10.ホームボタンがタプティクス型になり、壊れにくく

iphone7 (5)

ホームボタンがMacBook (2015)と同じ押し込み型からタプティクス型に。

押し込む必要が無いため、手垢が本体内に入る混むことが無くなり、より壊れにくく。

11.防水・防塵性能がアップ

・防水・防塵性能がアップ

すでにiPhone 6s/6s Plusでも60分間水に浸した後でも完全に作動するなど、ある程度の防水性能は持つiPhone。iPhone 7シリーズではIP67になり防水・防塵性能がアップ

・iPhone 6s/6s Plusを60分間水に浸し、動くかどうかを調べた実験

→長時間水につけてもiPhone 6s/6s Plusは動く

https://www.youtube.com/watch?v=t_HbztTpL08


参考文献:

macrumours ”Apple to Launch Trio of iPad Pros in Spring 2017, Including 7.9-Inch Mini Model”

macrumours ”Second Source Claims Apple Will Launch 10.5-inch iPad in 2017”

ithome ”苹果iPad Air 3将提供3GB内存”

appleinsider ”iPad Pro in 2017, integrate flexible AMOLED tech in 2018″

DigiTimes ”Apple to add 10.5-inch models to iPad series in 2017, say Taiwan makers”

EMSOne ”【EMS/ODM】 9.7型iPad新モデル、17年Q1に600万台出荷へ” 2017年2月9日

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク