2017年登場 iPhone 8・7s・7s Plus / 18年 iPhone8s、噂リーク発売日最新情報8トピック

スポンサーリンク

2017年登場 iPhone 8・7s・7s Plus / 18年 iPhone8s、噂リーク発売日最新情報

【iPhone・Mac・iPad系人気ページ】

2017年新型MacBook / Pro / Air リーク噂最新情報4トピックス

2017年の発売が予想される、iPhone 8などのリーク情報です。

更新情報

2/27:「①:4.7 / 5.5 /5.8インチの3モデルが登場。5.8インチは有機ELディスプレイ」「④:iPhone 8は3Dスキャン搭載?」

【iPhone 8 /7s /7s Plus】

[2017年発売、iPhone 8 /7s /7s Plusのポイント6つ]

・ポイント

①:発売日 2017年9月

②:2017年に登場するiPhoneは3機種が登場

その3機種とは、フルモデルチェンジ(大幅な変更)が行われた「iPhone 8」と、iPhone 7/iPhone 7 Plusのアップデート版(ちょこっとだけ変更)「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」

③:iPhone 8は5.8インチ有機ELディスプレイ、ホームボタンが廃止?

④:残りの2モデルも、両面ガラスデザインに

⑤:防水機能も、もっとすごく

⑥:iPhone 8は、無線充電が可能になるかもと噂

New⇒①:17年のiPhoneは、4.7 / 5.5 / 5.8インチの3モデルが登場。5.8インチは有機ELディスプレイ

New⇒17年新型iPhone、3機種のスペック。最高級モデル「iPhone 8は」有機EL&価格11万円?

情報の正確性に定評のあるKGI証券、市場調査会社トレンドフォースによる予想。17年位発売されるiPhoneは3モデルが用意され、そのうち最高級モデルである「iPhone 8」のみ有機ELディスプレイが搭載されるという。

この話は、日経新聞や日本興業新聞も報じており、信頼性が高い。

【17年iPhone、3機種のようす】

・iPhone 8(iPhone X)

価格:1000ドル(11.4万円)

画面サイズ:5.8インチ

ディスプレイ:有機ELディスプレイはこのモデルのみ搭載。すべてのモデルが有機ELディスプレイになるのは2018年のモデルから

メモリ:3GB

記憶容量:64GB~256GB(32GBモデルは用意されない

認証センサー:Touch IDが画面埋め込み。または指紋認証に代わり、顔認証の可能性も

シャーシ:画面サイド部分はステンレス製に

カメラ:デュアル(2個)カメラ

その他:ホームボタンの廃止、3Dスキャン機能。

名前:iPhone Xという名前にもなるかもしれないとのこと。”X”はiPhoneシリーズ10周年の記念モデルであるからとのこと。

・iPhone 7s

ディスプレイ:これまで通り液晶

画面サイズ:4.7インチ(iPhone 7と同じ)

メモリ:2GB(同)

ストレージ容量:最大256GB(同)

光学式手ブレ補正機能が改善

・iPhone 7s Plus

ディスプレイ:これまで通り液晶

画面サイズ:5.5インチ(iPhone 7 Plusと同じ)

ストレージ容量:最大256GB(同)

バッテリーの大容量化

光学式手ブレ補正機能が改善

参考:9to5mac.com9to5mac.com、 Bloomberg日刊工業新聞

・iPhone 8の有機ELディスプレイはシャープ製?

iPhone 8の有機ELディスプレイについて、当初の話では、サムスンから供給されるとの話だった。

ただし最近では、供給元は台湾フォックスコンとその傘下のシャープだという話も出てきている。

②:充電台が必要ない、ワイヤレス充電機能

・充電台が必要ない、画期的なワイヤレス充電機能を搭載?

壁のコンセントに専用の充電送信機を接続することで、iPhone 8でのワイヤレス充電は充電台が必要なくなるとのこと。ワイヤレス充電の可能範囲はコンセントから15フィート以内(およそ4.6メートル)。

・参考映像

③:iPhone 7からさらなる防水性能の向上。Xperia並みの「IP68」に?

韓国メディアが報じるものとして、iPhone 8では防水性能が向上し、ソニーXperiaと同じく最高レベルの防水防塵性能「IP68」を持つ。

情報元:The Korea Herald

・IP68防水防塵性能について

⇒粉塵やごみの侵入が完全に防護され、水面下での使用が可能。

waterproof_dustproof_1

粉塵やごみの侵入が完全防護され、

waterproof_dustproof_2

水面下での使用もできる

・iPhone 7シリーズのIP67防水防塵について

⇒粉塵やごみの侵入が完全に防護され、水中での使用が可能。

waterproof_dustproof_1

粉塵やごみの侵入が完全防護され、

waterproof_dustproof_4

水中での使用も可能

よりくわしくは⇓

New⇒④:iPhone 8は3Dスキャン搭載?

アメリカの調査会社トレンドフォースによれば、iPhone 8(今年発売される3つのモデルのうちで最高級モデル)には3Dスキャンが搭載されるかもしれないとのこと。

3Dスキャンとは、撮影するだけで、その被写体の3Dモデルが作成できるというもの。

・3Dスキャンのようす(英語)

⑤:ノイズキャンセリング搭載

テックサイト「Apple Insider」が報道。iPhone 8からノイズキャンセリング機能が搭載されるという。

情報元:appleinsider.com

⑥:気になる特許の数々

・マルチタッチが可能な3Dタッチディスプレイ

⇒ホイール動作などマウスに近い動作が可能に

アップルが申請したマルチ(複数)タッチに対応した3Dタッチディスプレイの特許。申請日時は2014年第1四半期。

特許申請とともに提出されたイメージ図では地図アプリでの使用が紹介されているほか(下図)、マウスでのホイール動作とクリックのような操作も可能になるとのこと。

apple

すでに識者からはiPhoneでの3Dタッチディスプレイ・マルチタッチ対応を予想する意見が出ており、iPhone 7や7sでの搭載が期待される。

【iPhone 8s】

発売日:2018年9月

⑦:18年発売、iPhone 8sシリーズはは有機ELディスプレイを搭載

・有機ELディスプレイ搭載で黒色系を対応して雰囲気が変わる?

日本経済新聞、日本工業新聞ほか多数で報道。

現在、アップルは有機ELディスプレイの画面の美しさに注目し、iPhone 8での搭載を予定しているとのこと。このディスプレイ供給元はサムスンとLGになる様子。

ただ有機ELディスプレイの製造能力に限りがあるので、すべてのモデルに搭載されるのではなく高級モデルが用意され、そのモデルのみに搭載されるという。

またイギリスの新聞、「INDEPENDENT」によれば有機ELは黒色の発色が美しいことから、iOSもiPhone 8登場に合わせて、黒色系の配色を多用したインターフェイスになるとのこと。

⑧:iPhone 8sはなんと折りたたみ型に?

・日経テクノロジーが報道

有機ELディスプレイを用いるiPhone 8は折りたたみ型になると「日経テクノロジー」が報道

この奇抜な折りたたみ型デザインが登場する背景として日経テクノロジーは「iPhoneの革新性の消失とそれによる販売台数の低下」を挙げている。

他社ではサムスンはすでにコードネーム「Project Valley(プロジェクト バレー)」なる折りたたみ型スマートフォンを開発中であり、2017年内にも発売予定。

project-valley-samsung-foldable

サムスンのProject Valley

参考文献:

FastCompany ”Here’s Why Apple’s 10th Anniversary iPhone Will Likely Cost More Than $1,000”

Bloomberg ”Apple Wants OLED in iPhones, But Most Suppliers Aren’t”

9to5mac.com ”KGI: Apple planning one 5.2-inch OLED iPhone 8 with major redesign + 4.7-inch and 5.5-inch LCD models”

EMSOne ”【液晶パネル】 17年フレキシブル有機EL出荷、450%増の2億枚へ iPhoneが牽引 KGI証券調査 2017年1月13日”

スポンサーリンク