ソニー「Xperia Z3 +/Z4」、ベンチマークソフトでの低スコアぶりが話題に

keithyim_3_4551_5de4e28cac644e653108684b92e240d4

スポンサーリンク

Xperia Z3+(Xperia Z4)の低スコアが話題

先日ソニーから発表された「Xperia Z3+」ですが、各種ベンチマークソフトにおける低スコアぶりが話題となっています。

日本では「Xperia Z4」として発売されたこの「Xperia Z3+」、CPUにSnapdragon 810 オクタコア 64bitプロセッサ、メモリは3GB、そしてOSはAndoroid 5.0 Lollipopと、スペックを一見した限りではかなりのハイスペック機種であり、他社の端末と比べても引けを取らないことに異論はありません。

しかし、実際のベンチマークソフトでのスコアは競合製品より下回っているようです。

xperia-z3-plus-benchmark-test-654x589

海外サイトPhoneArenaがまとめたところによれば(上図)、端末の総合的な性能を測定する「AnTuTuベンチマークソフト」で50,875スコア。Exynos 7420をCPUに搭載するSamsung Galaxy S6 edgeが69,042スコア、Xperia Z4と同じくSnapdragon 810を搭載するHTC One M9が56,896スコアであることを考えると、寂しいスコアとなっていることがわかります。

この50,000近辺のスコアは、昨年発売されたモデルであるLG G4やGoogle Nexus 6とそれほど違いがありません。

同様にCPU、RAM、I/O性能を測定するベンチマークソフト「Vellamo Metal」では1447スコア、ブラウザの性能Vellamo Browserで3435ポイント。

こちらのベンチマークでも寂しい感じのスコアですし、特にVellamo Metalに至っては、LG G4やGoogle Nexus 6はもとより前モデルのXperia Z3にすら負けています

まあ「ベンチマークスコアの値がどれほど実際の使いやすさを表しているのか」ということを考えると、実操作上においては、ある程度の高いスコア(例えばAntutuでいえば35,000スコアなど)であればそれなりに使いやすい端末であることは確かで、それゆえに、スコアの高低に一喜一憂するのもバカバカしい話ではあります。

しかし、それでも最新モデルの「Xperia Z3+」が前モデルよりスコアが低いというのも釈然としません。まだ開発中のものだからかもしれませんが、発売までに何とか改善されるようになってほしいものですね。

[via:phonearena]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク