iPad Air 4搭載の新チップ「A14」、CPUが40%・グラフィックスが30%向上。70%速い機械学習、10倍速い計算処理も

スポンサーリンク

iPad Air 4搭載の新チップ「A14」、CPUが40%・グラフィックスが30%向上。70%速い機械学習、10倍速い計算処理も

新型モデル iPad Air に搭載される新型チップ「A14 Bionic」。アップルからの説明によれば、次の通りとなっています。

・5nmプロセステクノロジー

「A13」では7nmだった製造プロセス。これが今回の新チップ「A14 Bionic」では、5nmプロセステクノロジーとなりました。

その結果、ほぼすべての領域でパフォーマンスが向上するものとなっています。

・CPU性能は40%、GPU性能は30%向上

トランジスタは118億個を積載。それにより、前モデル比でCPU性能は40%、GPU性能は30%向上。アップル曰く「ほとんどのノートパソコンよりも高速」とのこと。

なおCPUは6コア(4つの高効率コアと2つの高性能コア)、GPUは4コアとなっています。

・10倍速い計算処理

一方、16コアのアーキテクチャを採用するニューラルエンジンは、1秒で11兆の演算処理が可能。

それにより機械学習のパフォーマンスが70%向上、加えて機械学習アクセラレータにより計算処理能力は10倍速いものとなりました。

A14を搭載する新型 iPad Air 第4世代は、10月に発売されます。本体価格は6万2800円(税別)から。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク