新型「Xperia 10Ⅲ」搭載と噂のチップ、Snapdragon 690の性能について

スポンサーリンク

新型「Xperia 10Ⅲ」搭載と噂のチップ、Snapdragon 690の性能について

ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 10Ⅲ」において採用されると噂のチップ、Snapdragon 690。この新チップの性能は以下の通りとなっています。

クアルコム6シリーズで初めて、5G通信対応

Snapdragon 690は、2020年夏に発表されたクアルコムの新型チップセット。

クアルコム6シリーズで初めて、4K HDR動画撮影、HDR10+、120Hzディスプレイ(フルHD+解像度)、5G通信といったものをサポート。最大通信速度は5Gで下り2.5Gbps、上り660Mbps、LTEで下り1.2Gbps、上り210Mbps。ただし5G ミリ波はサポートしていません。

CPUにクアルコムKryo 560、GPUに同Adreno 619Lを搭載。製造プロセスは8nm。パフォーマンス性能は前モデル比でCPU性能で20%、GPU面で60%、AI面で70%の性能向上を謳っています。

リンク:qualcomm.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク