Xperia 1Ⅱ、DXOMarkオーディオテストで57点。録音性能が高評価も、音量・音像性能に対し厳しいコメントが寄せられる

スポンサーリンク

Xperia 1Ⅱ、DXOMarkオーディオテストで57点。録音性能が高評価も、音量・音像性能に対し厳しいコメントが寄せられる

カメラ性能の評価機関としておなじみのDXOMARKが、ソニーモバイル「Xperia 1Ⅱ」のオーディオ性能テストを実施。テストスコアを公開しています。

結果、「Xperia 1Ⅱ」のオーディオ性能スコアは総合;57点でした。これは昨年のモデル、「Xperia 1」でのスコア(同45点)を上回ってはいるものの、他機種と比べてそれほど良いスコアではありません。

ライバル機種ではiPhone 11が総合71点、OPPO Find X2 Proが同74点、Galaxy S20 Ultraが同69点、Mate 30 Proが同60点など。

「音量」「音像」に対し厳しいコメントが寄せられる

個別にみると、オーディオ再生のスコアが53点、レコーディング録音のスコアが69点。また「再生」のサブジャンルのうち、とりわけ「音量(Volume)」「音像・サラウンド空間(Spatial)」が評価の足を引っ張り、それぞれ43点と47点。

例えば、音量では「クラシックではピアニッシモ(楽器を弱く弾く演奏方法のこと)のようなコンテンツの音が聴こえない」とのコメントがなされています。

録音性能は高評価

一方で、レコーディングでの「69点」というスコアはほかの機種と比べても遜色ないものに(例:Galaxy S20+が69点、OnePlus 8 Proが63点)。これにはDXOMARKからも「録音デバイスとして強力だ」と、高評価のコメントが寄せられています。

source:DxOMark
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク