LINEアップデートでも報告。iPhoneのアプリがアップデートできない場合に行なう4種類の対処法

iphone_update

スポンサーリンク

iPhoneのアプリがアップデートできない場合の対処法4つ

iPhoneアプリのアップデートが始まったが、いつまでたっても終わらない。こんなことありますよね。そんな場合の対処法を紹介します。

①:アップデートを一時停止、その後再スタート

iphone_update4

通信環境のエラーで、アプリのダウンロードができていないのかもしれません。この場合、ホーム画面でアプリのアイコンを押してダウンロードを一時停止。その後再びアイコンを押すことで、止まっていたアップデートが開始する場合があります

②:アップデートを中止し、再びアプリのアップデートを始める

iphone_update2

先ほどのケースでダメだった場合、アップデートを再び始めるといった方法もあります。

App Store (アップストア)のアップデート画面で停止ボタンを押し、アップデートそのものを停止。その後またタップし、再度アップデートを行います。

③:動作中のアプリを停止させ、本体を再起動。その後アップデート

iphone_update5

上2つの方法がダメだった場合の対処法。iPhoneの動作が重くなったことによる動作のもたつきが原因かもしれません。iPhoneはメモリ容量がそれほど多くないので、このようなことが時どき起こります。

この場合、まずはホーム画面に戻りホームボタンをダブルクリック。起動中のアプリが出てくるのでそれぞれ上方向にスライドさせて動作を停止させます。

その後iPhoneを再起動させ、アプリのアップデートを行います。

④:PC上で同期させる

再起動でもダメだった場合は、PC同期という方法もあります。PCとiPhoneをつなぎiTunesで同期させます。

・やり方 

①:iTunesを起動して、ライブラリから「App」を選択

②:「App」ライブラリで、「更新」タブを選択。するとアップデート可能なアプリが一覧表示される。

③:アプリを更新。アップデートは個別でも一括でもアップデートできる。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク