アナリスト「iPhoneへの画面指紋認証搭載、今後2年はない」

スポンサーリンク

アナリスト「iPhoneへの画面指紋認証搭載、今後2年はない」

Appleが今後2年以内に画面指紋認証型Touch IDを搭載したiPhoneをリリースする可能性は低いと、TF International Securitiesアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が最新ツイートにて述べています。

クオ氏は2021年9月のリサーチノートで、アップルが2023年後半に画面下指紋スキャナを搭載した新型iPhoneを少なくとも1モデル発売すると予測していました。しかし、最新のツイートではその可能性はもう低いとしています。

クオ氏曰く、「私は以前、iPhoneは早ければ2023年にディスプレイ下の指紋認証/Touch IDに対応すると予測した」「しかし、最新の調査では2023年&2024年の新型iPhoneはアンダーディスプレイのTouch IDを採用しない可能性がある」とのこと。

なお米経済新聞のウォールストリートジャーナルの Joanna Stern氏や同経済メディアBloombergのMark Gurman氏は、「Appleは少なくとも一部のiPhone 13モデルで画面下の指紋スキャナをテストしたが、Appleはこのアイデアを進めないことにした」としています。

iOS 15.4ではiPhone 12モデル以降に「Face ID with a Mask」という新機能が導入されました。

SOURCE:twitter.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク