シャオミの新型高性能タブレット「Mi Pad 5」、3C認証通過。8,520 mAhバッテリー搭載

スポンサーリンク

シャオミの新型高性能タブレット「Mi Pad 5」、3C認証通過。8,520 mAhバッテリー搭載

Xiaomiは、アップルiPad ProやサムスンGalaxy Tab、Huawei Mate Pad Proに対抗する高性能タブレット、「Mi Pad 5」シリーズを発売する予定です。

うち「Mi Pad 5」が今回、中国3C認証を通過。それによれば、この新型機種は4,260 mAhのデュアルバッテリーを装備。すなわち総バッテリー容量は8,520 mAhとなっています。

リークスペック

これまでの噂によれば、「Mi Pad 5」シリーズは、標準モデルの「Mi Pad 5」、上位モデル「Mi Pad 5 Pro」、計2つのモデルが登場する様子。

Proバージョンは、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzの液晶を搭載し、In-Cellアクティブペンテクノロジー、WQXGAアスペクト比、2560×1600ピクセル解像度、そしてチップセットにはクアルコムSnapdragon 870を搭載。

一方のMi Pad5は、チップセットにMediaTek Dimensity1200を備えます。

メインカメラはトリプルカメラ

また、すでにリークされている本体レンダリング画像によれば、「Mi Pad 5」シリーズはシャオミのスマホ「Mi 11」のように、3つのカメラを搭載。メインカメラの詳細なスペックはまだ不明ですが、こちらも期待したいところとなっています。

ソース:mydrivers

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク