ソニーの新型アンチノイズキャンセリングイヤホン「LinkBuds S」がリーク

スポンサーリンク

ソニーの新型ANCイヤホン、「Sony LinkBuds S (WF-LSN900)」がリーク

ソニーの新型アンチノイズキャンセリングイヤホン、「Sony LinkBuds S (WF-LSN900)」がリークされています。

ユニークで、一日中装着していても常に世界の音が耳に届くように設計されています。そのシリーズ第2弾がリークされましたが、のような、妙に普通なデザインに見えますね。

独自機能搭載

登場するやいなや、その独特な穴あきデザインが話題となったLinkBuds。そのシリーズの最新モデルが本品となります。

ただ今回の「LinkBuds S」では独特のデザインがなく、見た感じ、ハイエンドモデル「WF-1000XM4」の廉価版のよう佇まいとなりました。

穴あきデザインの代わりには、新たに、アンビエントモードが搭載。ここでは他社TWSイヤホンと異なり、当品ではアンビエントモードが自動的に起動。機械学習を用いて、ユーザーの行動を元にして、アンビエントモードとANCモードが自動で切り替わる仕様となっています。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ゴールドの3色。

LinkBuds Sの本体価格はまだ不明ですが、参考までに、WF-1000XM4がは実勢価格2万4800円、現行LinkBudsが同1万8800円となっています。

Source

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク