22年新型「AirPods Pro2」、リークスペック情報まとめ

スポンサーリンク

新型「AirPods Pro2」、リークスペック情報まとめ

<こちらは好評発売中、AirPods Pro1>

更新情報

5/21:「1:AirPods Pro2の発売時期・価格」

New→

4/29:「6:「ロスレスオーディオ」に対応、音質が大幅にアップ」

New→1:AirPods Pro2の発売時期・価格

・発売時期、発表時期

製品名:AirPods Pro2

発表:2022年6月~12月

発売日:2022年秋~冬

・AirPods Pro2のポイント

アメリカの大手メディア・ブルームバーグによれば、アップルは現在、AirPodsProの第2世代バージョンに取り組んでいます。

この新型モデルでは、コンパクトなデザイン新しいワイヤレスチップの搭載、大幅にアップデートされたデザインといったものが見込まれています。

・AirPods Pro2の発売時期

気になる発売日ですが、リーカーの@Tron氏はサプライチェーン筋からの話を総合して、「2022年第3四半期(6月~9月)」としています。

一方、TFインターナショナル証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、2021年12月のレポートでAirPods Pro2の発売時期を「2022年終盤」としました。

そのほか、米経済メディアのブルームバーグは単に「2022年」とレポートしています。

・AirPods Pro2の本体価格

テック系リーカーのVadim Yuryev氏は、AirPods Pro2の本体価格を「299ドル(約3万8300円)」と予想しています

現行AirPods Proの249ドルより、50ドル高くなる見込み。

2:デザインの大幅なアップデート。ステム部分が無くなる

すっきりとしたデザインに

大手メディアBloombergのMark Gurman氏の22年2月のレポートによれば、この新モデルでは、デザインの大幅なアップデートがなされ、AirPodsシリーズで特徴的な「ステム部分」がカットされます。

具体的には、昨年夏に発売された「Beats StudioBuds」のようなデザインになるとのこと。

・Beats StudioBuds

3:本体デザイン

・リークされたAirPods Pro2の本体デザイン

このデザインでは、これまでのリーク情報と異なり、ステム部分は存在します。

・本体ケースのデザインも改良

くわえて、本体ケースもデザインが変更されます。こちらは、2021年11月にリークされた、AirPods Pro2本体ケースのデザイン。

ここでは新たに、スピーカーグリルとストラップホールが追加。なおリーク元によると、このスピーカーグリルは、iOS16で新たに搭載される、「AirPods Pro2ケースを探す」機能のために付けられた、とのこと。

4:新たに、健康モニター機能を搭載?

・健康モニター機能を搭載か

台湾の通信業界向けメディアDigiTimesは、今後1〜2年でAirPodsシリーズに新しいセンサーが含まれる可能性があることを示唆しています。

2021年6月の情報によれば、具体的には「デュアル光学センサー」、動きを検知する「加速度センサー」、音声を検知する「音声感知センサー」、そして「力覚センサー」が搭載されるとのこと。

これらセンサーは健康モニター機能のためのものであり、このセンサーにより、心拍数、歩数、健康状態のトラッキングが行えるようになります。

・体温測定機能などが搭載か

米大手経済誌ウォールストリートジャーナル(WSJ)による2021年10月の報道では、今後のAirPodsシリーズにおける、「聴覚サポート機能」や「体温測定機能」、そして「姿勢モニター機能」などの搭載がレポートされています。

・ティム・クックが健康モニター機能の搭載にやる気

そもそもアップルCEO(最高経営責任者)ティム・クック氏は同社製品での健康モニター機能の拡充についてやる気を示しており、今後、「アップルウォッチ」と同じく「AirPods」シリーズにおいても各種健康機能の拡大が見込まれます。

5:AirPods2 Proが、次の健康モニター機能搭載デバイスになる

・健康モニター機能が搭載される、次のアップル製品は

アップル製品で健康モニター機能が搭載されている製品といえば、おなじみ「Apple Watch」シリーズ。このスマートウォッチでは、心拍数、血中酸素(飽和酸素度)、心電図、睡眠時間測定、歩数測定、騒音モニターなど、健康に関するさまざまな計測機能が搭載されています。

そして海外の大手ITサイトPhoneArenaは、「アップル製品群において、次に健康モニター機能が搭載されるのはAirPods Proだ」としています。

New→6:「ロスレスオーディオ」に対応、音質が大幅にアップ

TFインターナショナル証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏の2022年1月のレポートによると、Apple「AirPods Pro2」では新たに、ロスレスオーディオ(ALAC)オーディオがサポートされます。

現在、「AirPods」「AirPods Pro」「AirPods Max」「AirPods (第 3 世代)」と、さまざまな機種が発売されているAirPodsシリーズですが、これら機種ではロスレスオーディオを聴くことはできません。

現状、AirPodsシリーズで採用されているAACコーデックは、FLACなどに比べ、音質面で大きく劣るものとされています。

【ビットレートの違い】

・AACコーデック:256Kbps

・FLAC:1,411Kbp

サイトiDrop Newsによれば、次世代モデル「AirPods Pro(第2世代)」「AirPods Max(第2世代)」では新方式のコーデックに対応し、音質面での大幅な性能アップが見られるだろうとのことです。

7:音を鳴らして「AirPods Pro2充電ケースを探す」機能が新搭載

アナリストのミンチー・クオ氏の2022年1月のレポートによれば、AirPods Pro2では新たに、充電ケースからも音を鳴らして「充電ケースを探す」ことができるようになります

リークされた、Airpods Proのケースにスピーカーグリルが付いているのはこの機能のため、とのこと。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク