シェアする

新型「折りたたみ型iPad」、リークスペック情報まとめ

スポンサーリンク

新型「折りたたみ型iPad」、リークスペック情報まとめ

1:「折りたたみ型iPad」のポイント

※画像はイメージです

調査会社IHS MarkitのJeff Ling氏によれば、アップルは現在「折りたたみ型iPad」の開発に取り組んでいます。

この新型モデルiPadのポイントは次の通り。

・MacBookのディスプレイサイズほどの大きさ(14インチ以上?)

・2020年前半に発売された、2画面型Surface(マイクロソフト製)に似たルックス

・GISやTPK、Catcherなど、iPadへ各部品を供給しているサプライヤーが引き続き部品を供給する

・ディプレイは有機ELディスプレイ

なお折りたたみ型デバイスに関しては、iPhoneでも開発が伝えられています

「折りたたみ型 iPhone」、リークスペック情報まとめ 発売が噂される、アップルの「折りたたみ型 iPhone」に関する情報を紹...

2:有機ELディスプレイを搭載

折りたたみ型スマートフォン「Galaxy Z Fold(サムスン製)」などと同じく、ディスプレイには、有機ELディスプレイ(AMOLED)を搭載。

現在、iPad シリーズへの有機ELディスプレイに関しては、「iPad Pro」「iPad Air」での開発が伝えられています。

またiPad Proの場合、AMOLEDの供給元は、最大手のサムスンディスプレイになるとのこと。

3:本体予想デザイン

4:折りたたみ型iPadのメリット

アナリストからの情報によれば、折りたたみ型iPadのメリットとしては、次の2点があげられます。

・本体重量の軽量化

・本体サイズの薄型化

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク