8/11発表、新型「Galaxy Z Fold3」リークスペック情報まとめ8トピックス

スポンサーリンク

21年新型「Galaxy Z Fold3」、リーク情報まとめトピックス

サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Z Fold3」のまとめ情報ページです。

更新情報

9/9:「1:発表・発売時期。日本での発売日が決定」「7:本体デザインとカラー。ドコモとauで用意されるカラーが異なる」「8:日本では発売されない「ファントムシルバー」の美しさ」

New→1:発表・発売時期。日本での発売日が決定

<発表・発売時期:日本発売が決定>

・8/11に発表

サムスンが新型製品発表イベント「Galaxy UNPACKED」の開催をアナウンス。開催日時は8月11日午前10時(EST時間)。日本時間では8月11日午後11時となります。

・日本では10月上旬に発売

日本でもNTTドコモとauから発売が決定。発売日は10月上旬に。

9月8日からは、すでに両キャリアとも販売予約を廃止しています。

<Galaxy Noteシリーズはリリースされない>

なおサムスン公式からのアナウンスとして、半導体の供給不足を原因として、今年はGalaxy Noteシリーズが発売されないとのこと。

2:折りたたみ型カメラ初、アンダーディスプレイカメラを搭載

セルフィーカメラが画面下に配置される「アンダーディスプレイカメラ(UDC)」テクノロジーを、折りたたみ型スマホとして初めて搭載。

・現行モデルより40%以上優れた光透過率

さらにGalaxy Z Fold3のUDCは、このタイプのどのカメラよりも40%以上優れた光透過率を達成しているとのこと。

この高い光透過率により、これまでのUCより優れた撮影機能を実現します。

3:スペック

チップセットにクアルコムのハイエンドチップ「Snapdragon 888」を採用した高性能モデル。

・スぺック

※国や地域によって一部スペックが変更される可能性があります。

OS:Android 11

チップセット:Snapdragon 888

外部ディスプレイ:6.2インチDynamic AMOLED 2X有機EL、120Hzリフレッシュレート

外部画面解像度:2208×1768ピクセル

内部ディスプレイ:7.6インチDynamic AMOLED 2X有機EL、120Hzリフレッシュレート

内部画面解像度:2268×832ピクセル

メモリ:12GB

ストレージ:256GB/512GB UFS3.1

背面メインカメラ:3眼トリプルカメラ。1200万画素超広角(F2.2、視野角123度)+1200万画素広角(F1.8、デュアルピクセルセンサー、視野角83度、光学式手ブレ補正対応)+望遠(F2.4、視野角45度、光学式手ブレ補正対応、トラッキングAF対応)、HDR10+動画撮影対応

カバーセルフィーカメラ:1000万画素、F2.2、視野角80度

メインセルフィーカメラ:400万画素、F1.8、視野角80度

防水耐水性:IPX8等級

Sペン:新たに、「SペンPro」に対応

バッテリー:4400mAh

ポート:USB 3.1 Type-C

5G:NSA、SA、ミリ波対応

SIMカード:nanoSIM、eSIM

サイズ:折りたたみ時67.1×158.2×14.4~16(厚さ)mm、展開時128.1×158.2×6.4mm

重量:271g

おサイフケータイ:〇対応

スピーカー:ステレオ、Dolby Atmosサラウンド再生

前面カメラ&画面デザイン:UDC(アンダーディスプレイカメラ)仕様となり、ノッチレスなデザインに

本体カラー:Phantom Green、Phantom Black、Phantom Silver

強化ガラス:Gorilla Glass Victus

その他:新世代超薄型ガラスを採用し、本体がより薄く

4:外部ディスプレイサイズはわずかに小さく

新型「Galaxy Z Fold 3」では現行「Galaxy Z Fold 2」よりディスプレイが少し小さいものになります。

具体的には外側ディスプレイは6.21インチ(同6.21インチ)に。

これはケース内において、スタイラスペン「S Pen」のための収納スペースを設けるため、とのこと。

5:スタイラスペン「S-Pen Pro」「S Pen Fold Edition」に対応

汎用スタイラスペン「S-Pen Pro」のほか、専用スタイラスペン「S Pen Fold Edition」をサポート。

対応するスタイラスペンは新型モデル「S-Pen Pro」。4096圧力レベルをサポートし、USB-Cを介して充電します。

・Galaxy Note 20 Ultraでも特徴的なS Pen

6:かなり安くなった本体価格

・Galaxy Z Fold 3の本体価格

リーク情報によれば、本体価格は「1799.99ドル(約19万9300円)」。Galaxy Z Fold 2が1999.99ドルだったので、約2万3000円も安くなる模様。

New→7:本体デザインとカラー。ドコモとauで用意されるカラーが異なる

<本体カラー>

本体カラーは、キャリアごとに扱うカラーが異なります。

au版「Galaxy Z Fold3 5G SCG11」がファントムブラックとファントムグリーンの2つ、NTTドコモ版「Galaxy Z Fold3 5G SC-55B」がファントムブラックの1つのみ。

・ファントムブラック(NTTドコモ、auで展開)

・ファントムグリーン(auのみ)

<本体デザインの特徴>

Galaxy S21 Ultraと同系統のデザイン言語となっており、独特のカメラアイランドデザインが特徴的となっています。

くわえてGalaxy Noteシリーズと同じく、スタイラスペンのSペンにも対応。

Sペン収納のため、画面サイズが現行モデルよりちょっとだけ小さくなっており、サブディスプレイは6.21インチ(同6.23インチ)となっています。ただ、メインディスプレイは7.6インチのまま変わりません。

New→8:日本では発売されない「ファントムシルバー」の美しさ

本体カラー「ファントムシルバー」は、日本ではau、NTTドコモ共に取り扱い予定なし。ただこのファントムシルバー(幻のシルバー)、名前通りの幻想的な色合いから、海外では人気を集めるカラーとなっています。

・ファントムシルバー

・一番右がファントムシルバー

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク