シェアする

2023年新型「iMac 27インチ」「iMac 32インチ」、リークスペックまとめ

スポンサーリンク

2023年新型「iMac 27インチ」「iMac 32インチ(iMac Pro)」、リークスペックまとめ

出典元:MacRumours

まもなくの発売が期待されている、アップルの新型「iMac 27インチ(iMac 32インチ)」。リーク情報を紹介しています。

更新情報

12/31:「3:新型チップ「Apple M3」を搭載。高性能パワーを発揮」

【2023年の発売が期待されるモデル】

1:新デザイン・大型化。「iMac 27インチ」のポイント

・iMac 27インチのポイント・発売時期

発売時期:2023年Q3(7月-9月)~Q4(10月~12月)

<特徴>

①:新デザインの採用

先日発表された新型「iMac 24インチ」と同系統のデザイン言語を持つ。くわえて本体薄型化、軽量化、さまざまなカラーバリエーションといった特徴を備える

②:新型チップセットの採用

チップセットは「Apple M1X」、もしくは新型SoC「Apple M2X」を搭載

③:現行「インテルベース iMac 27インチ」の後継モデル

2020年から好評発売中の「インテルCPU搭載 iMac 27インチ」の置き換えモデルとして登場

④:32インチモデルが登場

現行27インチiMacにかわり、新たに32インチiMac が登場するという話も

・新デザインを採用

注目ポイントとして、「デザインのリニューアル」が挙げられます。

Appleが2019年にリリースした「ProDisplayXDRモニター」のように、ディスプレイのベゼルが狭くなり、画面下部分の金属製「アゴ部分」が存在しない「スマートなデザイン」になるほか、21年4月発表の「iMac 24インチ」のように、本体薄型化、軽量化、さまざまなカラーバリエーションといった特徴も備えます。

・予想デザイン

出典元:MacRumours

出典元:MacRumours

2:当初2022年発売予定も、延期

・シンクタンクや大手経済メディアは当初、2022年春発売を予想していたが…

この新型iMacの発売時期に関しては、シンクタンク会社DSCCのCEO・ロスヤング氏は、当初「2022年春」の発売を予想していました。

一方アメリカの大手経済メディア・ブルームバーグは、当初、この新型iMacの「2022年5月~6月」の発売を伝えていました。ただ22年5月末のレポートでは、6月WWDCにおけるアナウンスを否定しています。

・COVID-19で生産体制が遅れ、発売時期が延期となっている

どうやら、ここ最近のCOVID-19流行からの中国ロックダウンの影響で、生産体制に変更が見られた様子。

新型iMacの登場は、もう少し先になりそうです。

米経済紙「そもそも、6月WWDCで新型MacBook Airが発表される予定だった。今は登場可能性低下」 ...

・WWDC 2023に期待

過去、新型Macがアナウンスされてきたことでおなじみのイベント「WWDC(世界開発者会議)」。今年も2023年6月初旬に開催が予定されています。

New→3:新型チップ「Apple M3」を搭載。高性能パワーを発揮

・Apple M3を採用

ブルームバーグが2022年にレポートしたところでは、この新型iMacでは、チップセットSoCに新型チップ「Apple M3」が搭載されるとのこと。

「Apple M2」「Apple M2 Pro」「Apple M2 Max」といったSoCではないようです。

4:ミニLEDパネル&120Hzプロモーションを搭載

ディスプレイ関連専門のシンクタンク・Display ResearchのCEOロス・ヤング氏が、新型27インチiMacでのミニLEDパネル搭載」「120Hzプロモーション」を伝えています。

最近ではiPad Proでの搭載で知られるミニLEDは、優れたコントラスト比と明るいディスプレイを可能とするテクノロジー。一方、120Hzプロモーションえは、滑らかな画面表示をもたらします。

ヤング氏並びにDisplay Reasearchの予測は正確性において定評があり、よってこの情報も期待したいところとなっています。

・Apple M2のスペック

海外サイトMacWorldが21年5月にレポートした、こちらは「Apple M2」の噂スペック

・コア数:10コア(高性能コア数8、高効率コア2;M1は高性能コア数4、A14は同2コア)

・GPUコア数:16コア、32コア(M1は8コア)

・対応メモリ:16GB、32GB

・トランジスタ数:約240億個

・CPU周波数:3.2GHz(M1と同じ)

・製造プロセス:5nm(M1と同じ)

ほか、Mac Pro用の「Apple M3」 は32コアに。また現在アップルは、16コア~128コアGPUも開発しているとのこと。

5:予想デザイン、予想本体カラー

・識者で割れる意見

大手ITサイトの9to5Macは、新型27インチiMacの登場カラーに関し、「シルバーやスペースグレイなど、落ち着いた本体カラーとなる」としています。これに従えば、現行MacBook Proと同じカラー展開となる模様。

一方、著名情報提供者Jon Prosser氏は「(24インチiMacと同じく、)さまざまな本体カラーが用意される」としています。

・27インチiMacの予想デザイン:その1

・27インチiMacの予想デザイン:その2

・27インチiMacの予想デザイン:その3

出典元:MacRumours

6:iMacに「Face ID」機能が搭載される

・Face IDを搭載

大手メディアBloombergが2021年1月に報じるところによれば、アップルは現在、iPhoneシリーズ・iPadシリーズでおなじみの顔面認証機能「Face ID」を、iMac向けにも開発をおこなっています。

・2021年モデルでは搭載なし

開発は当初計画より遅れているそうですが、それでも2022年のアップデートモデルにおいて搭載されるとのこと。

ソース

7:現行iMac Proはモデル廃止へ

2017年12月に登場した「iMac Pro」。27インチのディスプレイサイズ、Mac シリーズにおいてMac Proに次ぐ高性能(リリース当時)、55万円からの高価格がその特徴。

このモデルに関しては、2022年3月にモデル廃止となりました。

ソース

8:iMac 32インチモデルが登場か

一方、アメリカの大手経済メディアBloombergは、次期 iMac Pro が「現行の27インチ(インテルCPU搭載の2020年発売モデル)から大型化され、32インチになる」としています。

この話、2021年4月に発表された「iMac 24インチ」が、それまでの21.5インチモデルの置き換えだったことを踏まえると、「iMac 32インチ」が登場するのも違和感ない話だと言えます。

【iMac、発売モデルの系譜予想】

  • 21.5インチiMac(インテルCPU;2020年発表)→24インチiMac (Apple M1;2021年4月発表)
  • 27インチiMac(インテルCPU;2020年発表)→32インチiMac? (Apple M2X?;2021年秋発表見込み)
  • (参考扱い)27インチiMac Pro(インテルCPU;2017年発表)→?

9:iMac 32インチ=iMac Pro(2023)として、23年6月に発表か

ここ最近(2022年5月)の噂としては、この「iMac 32インチ」が「iMac Pro」としてWWDCで発表、そのすぐ後に発売される、なる話が存在します。

なお2022年3月には、これまで5年近くの長きにわたって販売されてきたiMac Pro(2017)がモデル廃止になりました。

10:「iMac 32インチ」の予想デザイン

これまでのリーク情報を元に作成されたデザイン。

①:先進的なデザイン性

ディスプレイが大きく、ベゼル部分が狭小化。さらにはiMac 24インチと異なり、アゴ部分のんベゼルが存在しない。

ほか、各コーナーのカーブ具合、サイドアルミフレーム仕様、Appleシリコン採用による薄型化など、iPad Proを彷彿とさせるスタイル。

【2021年4月発表モデル】

12:iMac(2021)、9月中旬からアップル正規販売店でも全カラーが買えるように

カラーバリエーション豊かなiMac(24-inch, M1, 2021 )のうち、これまでイエロー、 オレンジ、 パープルはApple Store(ネットストア)のみの販売で、Apple正規小売店での取り扱いはありませんでした。

これが、9月中旬のアップルイベント後は販売されるようになるようです。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク