2022年発売、iPhone 14・14 Proリークスペック情報まとめ

スポンサーリンク

2022年発売、iPhone 14スペック情報まとめ

2022年に発売が期待される、アップルの新型スマートフォン「iPhone 14」シリーズのリーク情報を紹介しています。

更新情報

9/18:「3:Touch IDは復活するのか➾微妙」

9/11:「2:本体デザイン。ノッチ廃止」

【2022年発売、iPhone 14】

1:登場モデルは計4つ。小型モデルは廃止

・登場モデルは4つ

TFインターナショナル証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば「iPhone 14」で登場するモデルは4つ。

すなわち、低性能な6.1インチモデル「iPhone 14」と6.7インチモデル「iPhone 14 Max」、高性能な6.1インチモデル「iPhone 14 Pro」と6.7インチモデル「iPhone 14 Pro Max」となります。

・「iPhone 14 mini」は発売されない

なお2020年発売、「iPhone 12 mini」におけるセールスの弱さを受け、iPhone 14シリーズでは小型ミニモデル(5インチ台)は発売されません。

ソース

New→2:本体デザイン。ノッチ廃止

・ノッチ廃止

報道によれば、2022年発売「iPhone 14」シリーズにおいて、Appleは本体デザインを大幅に変更します。

ここでは、特徴的なノッチ(切り欠き)部分がなくなり、代わりにAndroidスマートフォンでおなじみのパンチホールを採用。

ただすべてのモデルがパンチホールデザインを採用するというわけではなく、ハイエンドモデル(「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」)のみこの新型デザインを採用、標準モデルは(「iPhone 14」「iPhone 14 Max」)のデザインはこれまでと変わりません。

・リークされた本体デザイン(iPhone 14 Pro)

iPhone 14の予想デザインが公開 デザイン情報がリーク リーカーのJon Prosser氏より、アップルが来年2022年の発...

New→3:Touch IDは復活するのか➾微妙

ユーザーから期待の声が多い「Touch ID(指紋認証)の復活」ですが、これについてはどうなるんでしょうか。

結論から先に述べますと、残念ながら復活の可能性は低そうです。

最近のiPhoneは、一目見てわかる通りホームボタンが存在しません。そのためTouch IDが復活するとなると、確実に「画面内指紋認証」としての搭載となりますが、これについて経済メディアBloombergが興味深いレポートを行っています。

同メディアによると、アップルは画面内指紋認証について、研究開発自体は行ってはいるものの、現状、それ以上にFace IDへと開発資金を投入しており、それゆえTouch IDに戻ることはない様子。

同様に、ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏は、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」における「アンダーディスプレイ型 Face ID」の搭載を予想。ここでは、画面下に3DセンサーモジュールなどFace ID周りの機構を埋め込みます。

4:大幅なカメラ性能のアップ。4800万画素、8Kビデオ撮影

・カメラ性能の向上っぷりがすごい

カメラ面では、大幅なアップデートが行われる見込み。

4モデル登場する「iPhone 14」シリーズのうち、高性能モデルではメインカメラに4800万画素カメラを備え、ピクセルサイズは1.25um。ビデオ撮影では8K撮影が可能となります。

前述のアナリスト、ミンチー・クオ氏によると、アップグレードされたカメラレンズは「iPhoneのカメラ写真を新しいレベルに引き上げる」とのことです。

ソース

5:ペリスコープレンズを搭載、光学ズーム性能がアップ

TFインターナショナル証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば、2022年発売「iPhone 14」シリーズでは少なくとも一つのモデルにペリスコープレンズが搭載されます。

現状、ペリスコープレンズはAndroidスマホにて搭載が相次いでおり、例えばファーウェイの「Huawei P30 Pro」では5倍光学ズーム、同「Huawei P40 Pro」では10倍光学ズームを備えるものとなっています。

なお現在のモデル「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」シリーズは、2倍光学ズームと10倍デジタルズームを搭載しています。

【関連記事】

2022年発売、iPhone 14スペック情報まとめ 2022年に発売が期待される、アップルの新型スマートフォン「...

【2023年発売、iPhone 15】

6:自社製モデムチップを搭載

アメリカの大手経済メディアBloomrgによれば、アップルは今年(2021年)、チップセット「M1」「Appleシリコン」の自社開発に続き、モデムチップセットの内製開発に取り組み始めたとい¥いいます。

現在はクアルコム製のセルラーモデムチップを搭載するアップル。Bloombergは、アップル自社製モデムチップが搭載されるには2024年から、としています。

アップルは2019年にインテルののモデム事業を10億ドルで買収しました。くわえてクアルコムの元従業員を積極的に雇用しており、モデムチップ開発に意欲的である様子。

SOURCE:bloomberg.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク