シェアする

新型「PlayStation 5 Pro(PS5 Pro)」「PS5 Slim」、リークスペック情報まとめ

スポンサーリンク

新型「PlayStation 5 Pro(PS5 Pro)」「PS5 Slim」、リークスペック情報まとめ

【関連記事】

PS4並みにグラフィックが非常にきれいなアプリ、セレクション スマホ向けとは思えない、グラフィックが極めて美しいソフトの数々を...

更新情報

11/22:「5:新型PS5の噂。本体小型化&低価格化」

1:発売時期・価格・予想デザイン

製品名:PlayStation 5 Pro

発売日:2023年~2024年

本体価格:600ドル~700ドル(66,000円~77,000円)。PS5通常版(499ドル)より、20%以上高い本体価格に

・予想デザイン

2:PS5 Proのリークスペック

・スペック

CPU:Zen4ベースアーキテクチャ、5nmプロセス製造。台湾TSMCが製造を担当

(Apple M2と同じく、TSMC製4nmプロセスSoC搭載の可能性もあるとのこと)

性能:PS5標準モデルと比べ、通常時で2倍、レイトレーシングでは2.5倍の性能アップ

GPUマイクロアーキテクチャ:RDNA(Radeon DNA)

超解像技術:ソニー独自の超解像技術を搭載。高精細と高フレームレートを両立。AMD FSR2等の採用は無し

(AMDのFSR(FiedelityFX Super Resolution)を搭載との話も)

TDP(熱設計電力):300W

ゲーム出力:8K、4K

噂:新型「PS5 Pro」、2023年末ごろ発売。Zen4採用で性能2倍、独自の超解像技術も かねてから発売が噂さ...

そのほか、PS5関連では「PlayStation VR2(PSVR2)」の発売がアナウンスされています。こちらの発売日はまだ未定。

PSVR 2(PlayStation VR 2)、リークスペックまとめ 更新情報 6/25:「2:PSVR ...

3:PS5比で性能2倍、レイトレーシングでは2.5倍の性能。Zen4ベースSoC搭載

2022年3月に寄せられた情報。

それによると、PlayStation5 Proでは搭載SoCに「AMD Zen4」をコアベースに、カスタマイズしたものを搭載。

このSoCはハイパフォーマンスコンピューティング(データの処理と複雑な計算を高速で演算する機能)向けに設計されており、性能的にはPS5に比べ、通常時で2倍、レイトレーシングでは2.5倍の性能アップとなるそうです。

噂:新型「PS5 Pro」、2023年末ごろ発売。Zen4採用で性能2倍、独自の超解像技術も かねてから発売が噂さ...

4:著名テクニカルライターによる話

なおPS5 Proの存在に関しては、ファミ通の連載などでおなじみのテクニカルライター、西川善司 氏がすでに2019年に伝えていました。

その当時の話では、

・「PS5」と「PS5 Pro」では、CPUプロセッサ性能が異なる

・両機種へのイメージとしては、フルHDでどうにかしたい人向け、4K以上を求める人向け、みたいな感じ(正にPS4とPS4 Proのそれみたいな)

・「現在、ゲーム業界に流れる噂」としてある

など。

噂:CPU強化モデル「PS5 Pro」が登場。PS5と同時発売(ゲーム業界に現在流れる噂) 9月上旬にパシフィコ横浜で開催...

New→5:新型PS5の噂。本体小型化&低価格化

2022年11月に登場した噂。特徴は次の通りとなっています。

・新型デザインのPS5が、現在開発中。

・この新型モデルは、本体デザインが大幅に変更。小型化され、再設計化されている。

より少ない電圧で動作するため、発熱対策もバッチリ。低温で動作し、軽量化も図られている

・いわば「PS5 Slim」となるこのモデルだが、この本体名になるかはまだ不明。

・PS5を横に置いた際のスタンドがいらなくなるように設計されている。

・輸送費や生産費など、各種コストを下げることを目的として設計されており、そのため、本体価格もこれまでより安くなる

・生産は2023年第2四半期に開始、発売は2023年第3四半期(7月~9月)

6:PS5本体カラー「ブラック」「レッド」の噂

また、現在好評発売中である「PlayStation 5 通常版」にしても、本体カラー「ブラック」「レッド」の登場が噂されています。(リンク1リンク2

ただこの噂に関しては、2022年1月に発売されたPS5向けカバー「ミッドナイト ブラック」「コズミック レッド」の情報が、誤って伝えられた可能性もありそうです。

7:アナリスト「PS5 Proは2023年に発売」

ウェドブッシュ証券のアナリスト、マイケル・パクター氏。ゲーム業界に関する情報通として知られる人物。

同氏は2017年、

1:PS5は2019年か2020年に発売

2:PS5 ProはPS5から3年後に発売される

予想。そのうち「1:PS5は2019年か2020年に発売」については、見事当てています

なおパクター氏の予想的中率は、当サイトで調べたところ大体70%程度。某ブルームバーグよりは、かなり的中率が高そうです。

アナリストのマイケル・パクター氏「PS5は2019年か2020年発売。3年後にまたProバージョンが出る」 ウェドブッシュ...

【関連記事】

噂:新型「PS5 Pro」、2023年末ごろ発売。Zen4採用で性能2倍、独自の超解像技術も かねてから発売が噂さ...

7:世界的な半導体不足がPS5の生産にもたらす影響

ソニーグループが2022年2月2日に開催した2021年度第3四半期業績説明会においては、PlayStation 5の2021年度販売台数について、当初目標を下回る1,150万台程度となることがアナウンスされました。

ただこれは、PS5のセールスが不調であるからということでははなく、目下続く、半導体の供給不足ないし全世界的な物流の混乱状態によるリードタイムの遅れによるもの

なおPS4の場合、導入翌年度においては1,480万台の販売台数を記録していたため、PS5の販売実績はその数字を下回ることとなります。

New→8:ソニー、PS5を大幅増産予定

世界的な半導体不足は続くものの、ソニーは方針を転換。

2022年度における、PS5の販売計画は前年度比57%増の1800万台。ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアン社長兼最高経営責任者(CEO)によれば、

「これまで達成したことない水準で生産を増やしていく」

とのこと。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク