【レース】STEAMで評判の良い、オススメレースゲーム6タイトル

スポンサーリンク

【レース】STEAMで評判の良いオススメレースゲーム6タイトル

グラフィックの美しさが問われるゲームジャンルと言えば、レースゲームは見逃せません。

最近ではVR技術も取り入れられ、ますますリアリティを増してきたこのジャンル。

STEAMで発売されているオススメレースゲームを紹介します。

・Wreckfest

・日本語版あり(インターフェイスのみ)

FlatOutシリーズや最近ではリッジレーサーアンバウンデッドなど、アクションレースゲームの名作を複数手掛けた北欧のスタジオ「Bugbear」が送る新作タイトル。

ほどほどの物理シミュレーションに同社おなじみの過激な破壊シーンが加わり、ハデでスペクタクル感あふれるアクションが展開。往年の「デストラクション・ダービー」そのものの世界が楽しめます。

メタクリティックでは81点と、さすがの出来。

・Redout

・日本語版あり(インターフェイスのみ)

『F-ZERO』や『ワイプアウト』などで知られる「反重力系レーシングゲーム」であるのがこのタイトル。

本作はそれら2タイトルよりグラフィックに磨きがかけられており、より幻想的でボケのあるビジュアルが展開されています。

メタクリティックでは81点。

・Project CARS 3

※プロモーションビデオはPS4版です

・日本語版あり(インターフェイス、字幕のみ)

リアルシミュレーションレースゲームの最高峰といえばこのタイトル。レースシムならではの味わい深い本格的な走りと、昔ながらの迫力たっぷりなレースゲームの両方がバランスよく楽しめる1本。今作では、世界中の名だたるメーカーから200以上の名車やレースカーを収録。コースも世界各地から120以上のコースを用意 。

Steam版では4Kサポート、VR対応など最先端の機能も盛り込まれています。

メタクリティックは70点。なお前作「Project Cars2」は84点で、こちらもSteamで好評発売中。

・Ride 3

※PVはPS4版です。

・日本語版あり(インターフェイス、音声対応)

リアル・ライディング・シミュレーター。

美しいグラフィックと本物さながらのバイクの挙動、有名メーカーのマシンの数々が織りなすシミュレータの世界を再現しています。

・Neon Seoul: Outrun

・日本語版なし

仮想空間を舞台にしたVRレーシングゲーム。往年の名作SF映画『TRON』のような、サイバーカスケードな世界を疾走していきます。

oculusとSTEAM VRに対応。

・Zombie Derby  2

・日本語版なし

サイドビューイングで進むレースアクションゲーム。

ゾンビが支配する近未来の世界で、改造した車を用いてヤツらをなぎ倒していく。往年のB級SF映画、「デスレース 2000」のゾンビ版といった内容。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク