iPhone 13 Pro搭載「A15」のGeekBenchベンチマークスコアがリーク グラフィック性能が大幅に向上

スポンサーリンク

iPhone 13 Pro搭載「A15」のGeekBenchベンチマークスコアがリーク グラフィック性能が大幅に向上

iPhone 13、13 mini、13 Pro、13 Pro Max、アップルの4種類の新型スマートフォン。

これらはすべてA15チップを搭載していますが、それぞれGPUにおいて違いがあり、iPhone 13と13 miniは4コアGPUを搭載する一方で、iPhone 13 Proと13 Pro Max、そして新しいiPad miniは5コアGPUを備えています。

今回、5コアGPU版A15チップが、Metal APIを用いてGeekbenchベンチマークにてテストされました。機種はiPhone 13 Proのプロトタイプです。

さてその結果、スコアは14216となりました。これはiPhone 12 Proでのスコア「9123」より約55%向上したものとなっており、すなわちiPhone 13 Proおよび13 Pro Maxでは、GPU性能が大幅に向上していることがわかります。

Appleは、5コアGPU版のA15を「世界最速のスマートフォンチップ」と呼び、「他のどのスマートフォンチップよりも50%速いグラフィックス性能」を実現するとしていますが、その発言は間違っていないようです。

なお、iPhone 13 Proのメモリ容量は6GBでした。

SOURCE:MACRUMOURS

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク