ドン・キホーテの“NHKが映らないテレビ”が人気。価格2万円台から

スポンサーリンク

ドン・キホーテの“NHKが映らないテレビ”が人気。価格2万円台から

ディスカウントストアとしておなじみ、「ドン・キホーテ」が売り出した“NHKが映らないテレビ”が人気を集めているようです。ITMediaが報じています

以下引用。

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは2月10日、2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」を2月中旬に再販すると明らかにした。同社は初回生産分6000台を各店舗で販売していたが、売り切れになる店舗が続出。6000台の追加生産に踏み切っていた。

(…中略)

同製品はテレビチューナーを搭載しておらず、放送法64条が規定する「NHKの放送を受信することができる受信設備」にも該当しない。

引用終わり

Android OS搭載、リモコン付属でNetFlixなどがこれ1台で見れる

本製品は「テレビ」と銘打ちながらも、TVチューナーを取り外し、ネット動画の視聴に特化した製品となっています。Android OS(Android 9 Pie)を搭載し、「YouTube」「Netflix」「Amazon Prime Video」などのネット動画を本製品単体で見ることができる仕様。

サイズは24インチと42インチの2種類となっており、本体価格は24インチの「TSM-2401F2K」が2万1780円、42インチの「TSM-4201F2K」が3万2780円。

くわえて画面解像度が1,920×1,080ドット、コントラスト比と明るさは24インチが1,200:1と180cd/平方メートル、42インチが3,000:1と200cd/平方メートルとなっています。

なお数年前には、ソニーの同じコンセプトの製品が話題を集めていました。これら類の製品に対するニーズは世において確実にあるようです。

リンク:ドン・キホーテITMedia

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク