ロシアにおけるクレジットカードのシェアとJCBカード

スポンサーリンク

ロシアにおけるクレジットカードのシェアとJCBカード

ロシアのウクライナ侵攻に関連し、VISAとマスターカード、両社のクレジットカードが同国内で使えなくなるそうです。

米クレジットカード大手のビザとマスターカードは5日、ロシアでのカード決済業務を停止すると発表した。数日以内にロシアで発行された両社のクレジットカードは世界中で使えなくなり、ロシア以外で発行されたカードもロシアで使用できなくなる。

毎日新聞「VISAとマスター、ロシアでのカード決済停止 経済制裁対象以外も」、2022年3月6日

ロシアでは、大手2社のクレジットカードでシェア7割を超える

例えば2019年、ロシア国内における各クレジットカードのシェアは次の通りとなっています。

【ロシアにおける各クレジットカードのシェア】

・マスターカード:39%

・VISA:33%

・MIR(ミール):24%

・Golden Crown(ゴールデンクラウン):3%

・その他:1%

データ元

世界シェアでは2位のマスターカードがロシアでは1位。僅差で世界シェアナンバーワンのVISAが続く形。この2社でシェア7割を超えるものとなっています。

急速に普及が進むMIRカード

また3位の「MIR(ミール)」とは聞きなれない名前ですが、これはロシア中央銀行による決済システム。

2014年のクリミア混乱を巡り、VISAとマスターカードがロシアでの使用を停止。それを重く見たロシア政府が立ち上げたカードですが、設立から5年でロシア国内で急速に普及していることが伺えます。

なお、ネットでは「ロシアではJCBのシェアが高い」なんて声も聴きますが、実際はそうではないようです。

ただそもそも、ロシアではクレジットカードの利用率が高くありません。国際決済銀行(B
IS)が四半期ごとにまとめている「BIS統計」によれば、同国におけるクレジットカードんの決済比率は2.9%(2014年)にとどまります。

【クレジットカード利用率の高い国、低い国(決済に占めるクレジットカードの割合)】

韓国:69.6%

カナダ:37.3%

オーストラリア:30.3%

日本:15.6%

イタリア:5.4%

ロシア:2.9

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク