【不具合】Apple Watch 7、WatchOS 8.3で充電不具合が多数報告。対処法アリ

スポンサーリンク

【不具合】Apple Watch 7、WatchOS 8.3で充電不具合が多数報告。対処法アリ

好評発売中のアップル製スマートウォッチ「Apple Watch Series 7」ですが、最新Watch OS 8.3において、多数のユーザーから不具合が寄せられています。

不具合は次の通り。

・Apple Watch Series 7の不具合の様子

・Watch OS 8.3 ソフトウェアにアップデートした後、充電において問題が発生する

・特にサードパーティ製のApple Watch向け充電器で充電した場合、キチンと充電できなくなった

・ユーザーから寄せられたコメントの例:

「昨夜、私のApple Watch 7をWatch OS 8.3にアップデートしました。すると今朝、サードパーティーの充電器にセットしても、1時間で2%くらいしか充電できない」「パートナーが持つApple Watch 7でも同じ症状が起きた」

・この不具合が起こった場合、Apple Watch 7は数分間しか充電できず、その後は充電が停止する

・多数のユーザーから、同様のレポートが寄せられている

ただアップル純正のバッテリーチャージャーでは、この障害が生じておらず、キチンと充電ができたとのこと。また「サードパーティ製」といっても、内訳はAmazonなどで売られている低価格充電器が多く、そしてBelkinなどブランド力あるメーカーの高価な充電器においては、同様の不具合はさほど寄せられていません。

ただ、ブランド製充電器は単に母数(流通する数、販売数)が少ないので、そのため不具合が見えにくいだけなのかもしれません。

・Apple Watch Series 6でも同様の充電不具合が

今回の不具合について、被害レポートが寄せられているのは、そのほとんどがApple Watch Series 7からのものです。

ただ、中にはApple Watch Series 6でも同様のレポートがチラホラと見られます。

・Apple Watch Series 7は、以前から充電不具合が多い

なおApple Watch Series 7での充電不具合については、発売当初の11月上旬からユーザーから苦情が寄せられていました。

そのためAppleは以前、watch OS 8.1.1でもこの不具合に対処するアップデートを行っています。

・不具合への対処法

上でも触れている通り、対処法としてはとりあえず、

「アップル純正、アップル公式のApple Watch向け充電器を使う」

ことがあげられます。

また、Apple Watch Series 6でも同じ不具合が起きているので、

「watch OS 8.3にアップデートしない」

ことも挙げられるかもしれません。

SOURCE

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク