海外ユーザーが訴える、2022年「Xperia 1Ⅳ」に求めること5つ

スポンサーリンク

海外ユーザーが訴える、2022年「Xperia 1Ⅳ」に求めること5つ

ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 1Ⅲ」の発売が控える昨今ですが、早くもその次の2022年モデル、「Xperia 1Ⅳ」について海外ネットユーザーの皆さんが盛り上がっていました。

2022年、Xperia 1Ⅳに求めること by海外ユーザー

1:自撮りカメラ(前面カメラ)の性能アップ

どんどん性能アップが図られているメインカメラに比べ、ここ数年、800万画素・センサーサイズ1/4型のスペックままとなっている高性能Xperia。さすがに性能不足感があるのは否めません。

いい加減、少しは性能アップしてほしいところとなっています。

2:より安い本体価格

海外では14万5000円近辺、日本でもNTTドコモ一括場価格で15万5000円ほどの本体価格となっているXperia 1Ⅲ。

さすがにちょっと、お値段高すぎ感があるのは否めません。

3:5,000mAh大容量バッテリー

Xperia 1Ⅲでは、4500mAhとなったバッテリー容量。これでも十分大容量に思えますが、さらなる大容量化、さらなるバッテリー持ちの良さが求められている様子。

4:ソフトウェアの改善

ここ最近はAndroidネイティブに近い仕様となり、操作性の評判も上々なXperia シリーズですが、ユーザーからはさらなる向上が求められているようです。

5:Hi-Fi Quad DAC搭載による高音質オーディオ体験

例えば、今は亡きLGエレクトロニクススマホの中には、高音質オーディオ体験を実現するDAC、「Hi-Fi Quad DAC」が搭載されていました。その搭載を求める声があるようです。

ソニーといえばオーディオ&ビジュアル(AV)に強みを持ち、すなわちAVといえばソニー。これが搭載されたらユーザーからも熱烈な歓迎を受けそうです。

・Hi-Fi Quad DAC搭載のLGスマホ(動画はLG V20のもの)

SOURCE:REDDIT

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク