次期「Galaxy S22」シリーズのディスプレイ情報がリーク。画面サイズが現行モデルより小さく

スポンサーリンク

次期「Galaxy S22」シリーズのディスプレイ情報がリーク。画面サイズが現行モデルより小さく

サムスン電子の次期スマートフォン「Galaxy S22(仮)」シリーズの一部スペック情報が、早くも寄せられています。

「Galaxy S22」シリーズの画面情報がリーク

匿名インサイダーからの情報によれば、Galaxy S22シリーズは3機種が発売。モデル構成は「Galaxy S22」、より高性能な「Galaxy S22+」、そして最上位モデル「Galaxy S22 Ultra」。

すなわち、今年リリースの「Galaxy S21」シリーズとモデル構成は変わりません。

そして画面サイズはS22が6.06インチ、S22+が6.55インチ、そしてS22 Ultraが6.81インチ。一方、別のリーク情報ではそれぞれS22が6.1インチ、S22+が6.5-6.6インチ、そしてS22 Ultraが6.8インチの画面を持つとしています。

いずれにしろ今回のリークは、S22・S22+の2つのモデルにおいて今年のモデルよりディスプレイサイズが小さくなることを示唆しています。

ほか気になるリーク情報としては、「Galaxy S22」シリーズ3機種のうち、UltraのみがLTPO OLEDディスプレイを提供するとのこと。

ソース1ソース2 

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク