噂:21年後半、有機ELディスプレイを備えた「iPad Pro」が発売との新情報。一方、ミニLED搭載「12.9型 iPad Pro」は21年前半発売

スポンサーリンク

噂:21年後半、有機ELディスプレイを備えた「iPad Pro」が発売との新情報。一方、ミニLED搭載「12.9型 iPad Pro」は21年前半発売

・現行「11.0インチ iPad Pro 第2世代」

韓国のウェブサイトThe Elecが、アップルのタブレット「iPad Pro」のモデル展開に関するレポートを行っています。

2021年はミニLEDモデルとOLEDモデル、2種類のiPad Proが発売

さてこれまで、ミニLEDディスプレイを搭載した「12.9インチ iPad Pro 第5世代」の2021年前半発売が伝えられていますが、The Elecによれば、さらに2021年後半、新型 iPad Proが発売されるとのこと。

この謎のiPad Proのスペックに関しては、ディスプレイに有機ELディスプレイ(OLED)を搭載するということ以外、一切不明。

これまで新モデルの情報が全く出ていない、「11.0インチ iPad Pro 第3世代」なのかもしれません。

なお今回の情報を伝えたThe Elecというサイト、iPhone 12 ProシリーズにおけるLiDARセンサー搭載をいち早く伝えていたテックサイト。iPhone・iPad でのリーク情報に関し、定評あるサイトとなっています。

【関連記事】

iPad Pro採用の「LiDAR」は、製造元のソニーとアップルの間で独占供給契約が締結、他メーカーはスマホで採用できない ...

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク