新型「iPad mini(2019)」、スペックまとめ情報6トピックス

スポンサーリンク

新型「iPad mini(2019)」、スペックまとめ

更新情報

4/12:「⑤:折り曲げにも強い;耐久テストから」

ーーー

2019年春の発表・発売が期待される「iPad mini 」の情報ページです。

①:新「iPad mini」の 価格

税別価格:

・4万5800円(64GB:Wi-Fiモデル)

・6万800円(64GB:ⅬTEモデル)から

②:新型「iPad mini」の特徴、5ポイント

・約4年ぶりの新型モデル

2015年に発売された「iPad mini 4」の後継機種。

・第一世代のApple Pencilに対応

第一世代のApple Pencilに対応。同時発表の新型iPad Airとは異なり、smart keyboardには対応しない

・チップセットはA12 Bionic

2018年に発表された「iPhone XS」「iPhone XR」搭載のA12 Bionicを採用。

iPad mini 4搭載の「A8」の3倍高速を謳う

・8メガピクセルのリアカメラ、7メガピクセルのフロントカメラ

新型iPad Airと同じ性能。ビデオ撮影画質はフルHD(1080p)に対応。

・Lightningコネクターを搭載

2018年iPad Proとは異なり、ポートはLightning

③:新型「iPad mini」「iPad Air」のスペック比較表

iPad mini(2019) 10.5インチiPad Air(2019)
サイズ 7.9インチ 10.5インチ
解像度 2048×1536 2248×1668
ピクセル密度 326ppi 264ppi
プロセッサ A12 A12
メモリ 3GB 3GB
メインカメラ 800万画素(5枚構成のレンズ)
ビデオ撮影 1080p 1080p
FaceTime前面カメラ 700万画素 700万画素
タテ 203.2mm 250mm
ヨコ 134.8mm 174.1mm
厚さ 6.1mm 6.1mm
重量 300.5g(Wi-Fiモデル)

308.2g(LTEモデル)

456g(Wi-Fiモデル)

464g(LTEモデル)

バッテリ持ち Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間

携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間

ヘッドホンジャック あり あり
コネクタポート Lighting Lighting、Apple Smart Connector
Apple Pencil あり(Apple Pencil第1世代)
ロック解除 Touch ID Touch ID
SIMカード nano-SIM、eSIM nano-SIM、eSIM
Smart Keyboard Folio なし(Bluetoothキーボードに対応) なし(Smart KeyboardとBluetoothキーボードに対応
スピーカ 2スピーカ 2スピーカ
税別価格(Wi-Fiモデル) 4万5800円(64GB)
6万2800円(256GB)
5万4800円(64GB)
7万1800円(256GB)
税別価格(LTEモデル) 6万800円(64GB)
7万7800円(256GB)
6万9800円(64GB)
8万6800円(256GB)

④:iPad mini(2019)の見た目、外観

New➾⑤:折り曲げにも強い;耐久テストから

毎回各種ガジェットの耐久テストを行なう動画チャンネル:JerryRigEverythingにて、新型iPad mini の折り曲げテストが行われる。

テストを見ればわかるように、今回のiPad mini 2019は「折る」「曲げる」といった力に対し強い。

またもし仮に本体が曲がったとしても画面そのものやフレームは割れず、タブレットは完全に機能し続けた

⑥:今後のiPadの噂や特許情報

1:有機ELディスプレイを搭載したiPadが登場

アナリスト情報によれば、アップルは将来モデルにおいて「有機ELディスプレイ(OLED) を搭載した iPad」の発売を計画してている模様。

ただ現状はOLEDの世界的な供給不足が起こっているため、実現は少々先の話になりそう。

2: 有機ELバーを搭載するiPadの登場

一部リーク筋から、MacBook Proのように「有機ELバーを搭載する iPad」の情報がもたらされている。

3:iPad 関連の特許

将来的なiPadの姿を予想するのに最適?

「アップルが最近出願した、iPad関係の特許」「ここ最近におけるアップルの動向」を紹介します。

①:iPadやMacBookから、iPhoneへの無線充電が可能になる?

アップルが発売を予定する無線充電機「AirPower」のように、iPadやMacBookからiPhoneへのワイヤレス充電を可能とするもの。

②:リアルタイムな文字認識特許

書かれた文字をリアルタイムに認識する、iPad用手書き文字入力機能

③:ノッチ部分を完全になくす特許

画面に小さな開口部を設け、カメラやセンサーを画面下に配置する。これによりさらなるベゼルレス化とノッチ部分の廃止を可能にする

④:iPadをドッキングしてMac風に使える?

アップルが取得した、iPhoneやiPadを接続してPC風に使えるドッキングステーションの特許。

・画面部をiPadにすることも

⑤:iPad ProがMacの補助ディスプレイやスタイラスのように使える?

アップルの内部情報に詳しいサイト「OSNews」によるレポート。

上の特許情報の話とも近い。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク