2021年新型「iPad mini 6」、スペックまとめ。ミニLEDディスプレイを新搭載?

スポンサーリンク

2021年新型「iPad mini 6」、スペックまとめ。ミニLEDディスプレイを新搭載?

更新情報

7/20:「②:20Wの新型充電器が搭載」

ーーー

新型「iPad mini 6」の噂情報、19年モデルのスペック情報ページです。

【2021年モデル】

New➾①:iPad mini 6が開発中。ミニLEDディスプレイを新搭載

アナリストMing-Chi Kuo氏、業界誌DIGITIMESらによるレポート。

曰く、

・新型iPad mini が開発中。2021年前半発売

・新たにディスプレイには「ミニLEDディスプレイ」を搭載

・画面サイズは8.5インチに大型化

ディスプレイには、新たに「ミニLEDディスプレイ」を搭載します。

その名の通り、各LEDが微小なものとなっているこのディスプレイ。それぞれのLEDサイズが200ミクロン以下となることで、優れたコントラストや省電力性能を実現。

なお、すでにWindowsノートPCでは、MSIからミニLEDディスプレイを搭載した製品が登場しています。

・ミニLEDディスプレイを搭載、MSIのノートパソコン「Creator 17」

ミンチー・クオ「14インチMacBook Pro が開発中。ミニLEDディスプレイを搭載」 アナリストMing-Chi Kuo氏の...

また台湾のマスコミDIGITIMESによれば、画面サイズが8.5インチに大型化されます。

New➾②:20Wの新型充電器が搭載

アップル関係の予測で知られるアナリスト・Ming-Chi Kuo氏によれば、この新型iPad miniでは、20Wの新型充電器が同梱されるそう。これは今年発売の新型「iPhone 12」シリーズと同じ。

アナリスト「10.8型 iPad Air が今年後半、8.5型iPad mini が2021年に発売。新型20W充電アダプター同梱」 ...

【2019年モデル】

③:新型「iPad mini」の特徴、5ポイント

・約4年ぶりの新型モデル

2015年に発売された「iPad mini 4」の後継機種。

・第1世代のApple Pencilに対応

第一世代のApple Pencilに対応。同時発表の新型iPad Airとは異なり、smart keyboardには対応しない

・チップセットはA12 Bionic

2018年に発表された「iPhone XS」「iPhone XR」搭載のA12 Bionicを採用。

iPad mini 4搭載の「A8」の3倍高速を謳う

・8メガピクセルのリアカメラ、7メガピクセルのフロントカメラ

新型iPad Airと同じ性能。ビデオ撮影画質はフルHD(1080p)に対応。

・Lightningコネクターを搭載

2018年iPad Proとは異なり、ポートはLightning

④:新型「iPad mini」「iPad Air」のスペック比較表

・スペック比較表

iPad mini(2019) 10.5インチiPad Air(2019)
サイズ 7.9インチ 10.5インチ
解像度 2048×1536 2248×1668
ピクセル密度 326ppi 264ppi
プロセッサ A12 A12
メモリ 3GB 3GB
メインカメラ 800万画素(5枚構成のレンズ)
ビデオ撮影 1080p 1080p
FaceTime前面カメラ 700万画素 700万画素
タテ 203.2mm 250mm
ヨコ 134.8mm 174.1mm
厚さ 6.1mm 6.1mm
重量 300.5g(Wi-Fiモデル)

308.2g(LTEモデル)

456g(Wi-Fiモデル)

464g(LTEモデル)

バッテリ持ち Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間

携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間

ヘッドホンジャック あり あり
コネクタポート Lighting Lighting、Apple Smart Connector
Apple Pencil あり(Apple Pencil第1世代)
ロック解除 Touch ID Touch ID
SIMカード nano-SIM、eSIM nano-SIM、eSIM
Smart Keyboard Folio なし(Bluetoothキーボードに対応) なし(Smart KeyboardとBluetoothキーボードに対応
スピーカ 2スピーカ 2スピーカ

⑤:iPad mini(2019)の見た目、外観。折り曲げにも強い

・デザイン

・折り曲げにも強い

毎回各種ガジェットの耐久テストを行なう動画チャンネル:JerryRigEverythingにて、新型iPad mini の折り曲げテストが行われる。

テストを見ればわかるように、今回のiPad mini 2019は「折る」「曲げる」といった力に対し強い。

またもし仮に本体が曲がったとしても画面そのものやフレームは割れず、タブレットは完全に機能し続けた

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク