噂:2024年に、8.5インチ有機EL iPadが登場。パネルの生産はサムスンとLG

スポンサーリンク

噂:2024年に、8.5インチ有機EL iPadが登場。パネルの生産はサムスンとLG

サイトThe Elecの新しいレポートによると、サムスンは現在、8.5インチ OLED生産ラインの建設を準備しており、2024年にもOLEDパネルの生産を開始します。このパネルは、Apple iPadに採用される見込みです。

有機EL iPadに関しては、これまでにもサプライチェーンから数多くの報告がなされてきました。アナリスト予測では、同社は近い将来において、iPadのディスプレイをOLEDへと移行します。彼らの予測においては、Appleが2022年にもOLED iPadをリリースすると言及したものもあります。

ただ今回のThe Elecのレポートでは、サムスンの2024年まで8.5インチOLEDパネルの生産に対応できないことしています。加えてApple初のOLEDタブレットは、サムスンとLGディスプレイの生産ラインを使用するとのこと。

同サイトによると、当初、Appleは2022年にも有機ELベースのiPad Airを発売する予定でした。ただ結局のところ、OLEDの画面明るさ、耐久性などの問題により、計画は延期された様子。

なお有機ELディスプレイiPadのモデル計画については、iPad Airに導入後、順次、11インチiPad Proと12.9インチiPad Proにも搭載されるとのことです。

Source/VIA :MYDRIVERS

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク