シンクタンクレポート、2023年に有機ELを搭載したiPadが登場。iPad Air OLEDモデルが登場か

スポンサーリンク

シンクタンクレポート、2023年に有機ELを搭載したiPadが登場。iPad Air OLEDモデルが登場か

ディスプレイ関連のシンクタンクとして知られるDSCC(Display Supply Chain Consultants)から、iPadのディスプレイに関するレポートが行われました。

それによれば、2023年、有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したiPadが発売されるとのことです。

有機ELを搭載したiPad の特徴

アップルが有機ELディスプレイを搭載したiPadを開発していることについては、これまでにも複数の報告がなされており、その噂の数の多さからいっても、開発中であることは間違いありません。今のところ、有機ELディスプレイはアップルのiPhoneラインナップ、Apple Watch、MacBook Pro Touch Barに限られていますが、同社は今後、OLEDをMacやiPadに搭載することを目指しているようです。

とはいえ有機ELを搭載したiPadに関する噂のほとんどは、それが2022年に登場することを示唆しており、それが正しければ、DSCCのレポートが予測しているよりも早い時期に登場することになります。

例えばThe Elecは最近、アップルが有機ELディスプレイを搭載した10.8インチのiPadを2022年にリリースするとレポート。一方、今年3月にはApple関連で著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏が、Appleは来年には有機ELの使用を開始すると予想しています。

また台湾DigiTimesも有機ELディスプレイを搭載したiPadを2022年に発売すると予測しており、サプライチェーンのデータに依拠しているETNewsなどのサイトも同様のレポートを行っています。

iPad Airで初搭載か

Kuo氏はまた、アップルの最初のOLED iPadは、iPad ProではなくiPad Airになるだろうと述べ、アップルはiPad Proのラインナップには引き続きミニLED技術を使用するとしています。ただ有機EL iPadに関するそのほかの報道では、そのデバイスがiPad Airになるとは明記されていません。

一般的に、有機EL技術は高価なものであり、これまではiPhoneやApple Watchなどの小型デバイスに限られていました。これがiPadに採用されれば、明るさ、コントラスト、黒の深み、広い視野角が向上します。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク