22年新型「iPad Air 5」、リークスペックまとめ情報トピックス

スポンサーリンク

次期モデル「iPad Air 5」、リークスペックまとめ

更新情報

7/11:「①:次期モデル「iPad Air 5」、有機ELディスプレイを搭載。iPadシリーズ初」

【2022年モデル】

New→1:次期モデル「iPad Air 5」、有機ELディスプレイを搭載。iPadシリーズ初

・iPad Air 第5世代のスペック

発売:2022年初頭

画面サイズ:10.9インチ

画面特徴:有機ELディスプレイ(OLED)を搭載。OLEDの供給元はサムスンディスプレイ

証券会社バークレイズなど複数のレポートによれば、次期モデル「iPad Air 第5世代」は、iPadシリーズとして初めて有機ELディスプレイ(OLED)を搭載します。

画面サイズは10.9インチ。OLEDの生産元はディスプレイ大手のサムスンディスプレイ。

生産は2021年第4四半期に開始され、発売は2022年初頭が見込まれています。

・OLED搭載によるメリット

OLEDディスプレイは、輝度の向上、黒色の深さ、コントラストの向上、応答時間の短縮、色の鮮明さなどの利点に加えて、デバイスの薄型化をもたらす可能性があります。

・2023年発売との声も

ただすべての情報提供元が2022年発売を伝えているわけではなく、例えばシンクタンクのディスプレイサプライチェーンコンサルタント(DSCC)は、2023年の発売をレポートしています。

シンクタンクレポート、2023年に有機ELを搭載したiPadが登場。iPad Air OLEDモデルが登場か ディ...

【2020年モデル】

2:スペック・価格・発売日

発売日:2020年10月

【スペック】

画面:10.9インチLiquid Retinaディスプレイ。狭小ベゼルデザイン

解像度:2,360 x 1,640ピクセル、264ppi

チップセット:A14 Bionic。5nmプロセス

メモリ容量:非公表

ストレージ:64GB、256GB

メインカメラ:1200万画素広角カメラ。f1.8、5枚構成レンズ。ビデオ撮影は4K60fps撮影が可能

フロントカメラ:FaceTime HD。700万画素、f2.0

ポート:USB-C

通信:802.11ax Wi-Fi 6、同時デュアルバンド、Bluetooth 5.0

バッテリー:28.6Wh

Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間バッテリー持ち

サイズ:247.6×178.5×6.1mm

重さ:Wi-Fiモデルが458g、Wi-Fi+セルラーモデルが460g

本体カラー:ブルー、グリーン、レッド、シルバー、ブラック

ほか:Apple Pencil 第2世代対応、Magic Keyboard対応

【価格】

64GB Wi-Fi:6万2800円、64GB Wi-Fi+セルラー:7万7800円

256GB Wi-Fi:7万9800円、256GB Wi-Fi+セルラー:9万4800円

(すべて税別)

・狭小ベゼルなLiquid Retinaディスプレイ搭載

・Face IDの代わりに、電源キーに内蔵されたTouch IDにて指紋認証

3:Magic Keyboardに対応

iPad Proと同じく、新たにMagic Keyboardに対応。Apple Pencilは第2世代が利用可能に。

4:CPU性能40%、GPU性能30%アップの新チップ「A14 Bionic」を搭載

チップセットは新型「A14 Bionic」。

5nmプロセステクノロジーにより、トランジスタは118億個を積載。それにより、前モデル比でCPU性能は40%、GPU性能は30%向上。計算処理能力は10倍速いものに。

アップル曰く「ほとんどのノートパソコンよりも高速」とのこと。

またリーク情報によれば、ベンチマークテストにおいて「A14」は現行「A13」の1.4倍となるスコアを計測したとのこと。

噂:新チップ「A14」、ベンチマークテストで「A13」の1.4倍となるスコアを計測。A12Xに匹敵 20/9/16...
iPad Air 4搭載の新チップ「A14」、CPUが40%・グラフィックスが30%向上。70%速い機械学習、10倍速い計算処理も ...

【その他】

5:今後のiPadの噂や特許情報など

①: 有機ELバーを搭載するiPadの登場

一部リーク筋から、MacBook Proのように「有機ELバーを搭載する iPad」の情報がもたらされています。

②:iPad 関連の特許

将来的なiPadの姿を予想するのに最適?

「アップルが最近出願した、iPad関係の特許」「ここ最近におけるアップルの動向」を紹介します。

1:iPadやMacBookから、iPhoneへの無線充電が可能になる?

アップルが発売を予定する無線充電機「AirPower」のように、iPadやMacBookからiPhoneへのワイヤレス充電を可能とするもの。

2:リアルタイムな文字認識特許

書かれた文字をリアルタイムに認識する、iPad用手書き文字入力機能

3:ノッチ部分を完全になくす特許

画面に小さな開口部を設け、カメラやセンサーを画面下に配置する。これによりさらなるベゼルレス化とノッチ部分の廃止を可能にする

4:iPadをドッキングしてMac風に使える?

アップルが取得した、iPhoneやiPadを接続してPC風に使えるドッキングステーションの特許。

・画面部をiPadにすることも

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク