21年新型「Mac Pro(2021)」「Mac Pro 新デザイン」、リークスペック情報まとめ

スポンサーリンク

新型「Mac Pro」「Mac Pro 新デザイン」、リークスペック情報まとめ

2021年の登場が噂される、アップルの新型「Mac Pro 」「Mac Pro mini」のリーク情報まとめページです。

更新情報

9/24:「2:インテル製CPU搭載、Mac Pro(2021)が発売予定」

8/23:「1:発売日・ポイント」

【2021年未発表モデル】

1:発売日・ポイント

発表・発売日:2021年後半

製品名:Mac Pro / Mac Pro mini

・ポイント

①:「Mac Pro(2021)」と「Mac Pro リニューアルモデル」、2つのモデルが開発中

②:Mac Pro(2021)は現行モデルとデザインが同じ。インテル製CPU搭載も変わらず。

③:一方「Mac Pro リニューアルモデル」は、製品名の通り、デザインが新たなものに変更。

④:加えてAppleシリコン「Apple M1X」を搭載。これはアップルが現在、新型iMacないしMac Pro向けに開発する新たなAppleシリコンとなっている。

上記の情報は、大手経済メディアBloombergからのものであり、信憑性が高いものとなっています。

・2022年10月までにAppleシリコン搭載Mac Proが登場か

大手経済誌、ウォールストリートジャーナルは、21年8月のレポートで「2022年10月までにAppleシリコンを搭載Mac Proが登場する」としています。

なおアップルは2020年WWDCにて「Apple M1」を初めて発表した際、2年かけてのAppleシリコン移行化計画を発表していました。

Mac Pro(2021)

New→2:インテル製CPU搭載、Mac Pro(2021)が発売予定

こちらは現行Mac Proのアップデートモデルとなっており、インテル製CPUを搭載。デザインも現在のものから変わりません。

・Ice Lake SPアーキテクチャー搭載

またXcode 13ベータ版の記述から、搭載CPUは「Ice Lake SPアーキテクチャー」の可能性があるとのこと。

New→・Mac Pro用Ice Lakeチップの噂スペック

これまでのリーク情報による、これまでMac Pro用Ice Lakeチップの噂スペックは、以下の通りとなっています。

コア数:最大38コア

スレッド数:76スレッド

対応メモリ:DDR4-3200メモリ

最大クロック数:4.0GHz

【Mac Proリニューアルモデル】

3:新型「Mac Pro リニューアルモデル」。小型サイズ、新デザイン

・小型デザインに

新たに登場する「Mac Pro リニューアルモデル」は、本体サイズが現行「Mac Pro」の約半分ほどに

これはCPUがApple シリコンとなることにより、熱効率性が向上、筐体設計上どうしても大きなサイズを占めることになる「冷却システム」を設置する必要が無いため。

・新たな本体デザイン

また本体デザインは、かつて発売されていた「Power Mac G4 Cube」を思い起こさせる、洗練されたものになると報じられています。

4:チップセットは新型「Apple M1X」

Bloombergによれば、アップルは現在、iMac、MacBook Pro、MacBook Air、そしてMac Pro向けにAppleシリコンを開発中。

このうち、新型Mac Pro向けには「Apple M1X」が、新型MacBook Airには「Apple M2」がそれぞれ搭載されるそうです。

SOURCE:nikkei.combloomberg.com

【2021年8月モデル】

5:Mac Pro、新GPU「Radeon PRO W6000X」モデルが選べるように

既存のMacProのGPUオプションに、「Radeon PRO W6000X」が追加。上位の「Radeon PRO W6900X」と、下位の「Radeon PRO W6800X」。

性能比較表は以下の通り

・性能比較表

モデル Radeon PRO W6900X Radeon PRO W6800X
CU数 80基 60基
ストリームプロセッサ数 5,120基 3,840基
メモリバス幅 256bit 256bit
メモリ容量 32GB 32GB
Infinity Cache 128MB 128MB
Total Graphics Power 300W 300W
FP32性能 最大22TFLOPS 最大16TFLOPS

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク