2021年新型「iPad mini 6」、スペックまとめ。ミニLEDディスプレイを新搭載?

スポンサーリンク

2021年新型「iPad mini 6」、スペックまとめ。ミニLEDディスプレイを新搭載?

更新情報

7/26:「3:ミニLEDパネルの搭載を否定する声も」「9:20Wの新型充電器を搭載」

7/14:「②:iPad mini 6 のリークスペック」「④:ホームボタンが廃止。電源ボタン部分にTouch IDを設置」

ーーー

2021年新型、「iPad mini 6」のリーク・噂情報ページです。

【2021年モデル】

1:iPad mini 6のポイント。ミニLEDディスプレイ搭載・画面大型化など

アナリストMing-Chi Kuo氏、業界誌DIGITIMES、米大手経済メディアBloombergらによるレポート。

曰く、

・新型iPad mini 第6世代が開発中。2021年後半(7月~12月)発売と著名アナリスト。

・新たにディスプレイには「ミニLEDディスプレイ」を搭載。著名アナリストが予測。

・画面サイズが8.5インチ~9.1インチに大型化。こちらは台湾のシンクタンクが予測。

・スピーカー音質が劇的に改善

・ポート端子は、これまでのLightningからUSB-Cに変更

TFインターナショナル証券のアナリストミンチー・クオ氏によれば、2021年下半期(7月~12月)に発表・発売されるという新型「iPad mini 第6世代」。

同氏によれば、ディスプレイには新たに「ミニLEDディスプレイ」を搭載。これはその名の通り、各LEDが微小なものとなっているこのディスプレイ。それぞれのLEDサイズが200ミクロン以下となることで、優れたコントラストや省電力性能を実現しています。

・画面の大型化

また台湾のシンクタンクDIGITIMESによれば、この新型モデルでは、画面サイズが8.5インチ以上に大型化されます。

・ミニLEDパネルを搭載した、iPad Pro  12.9インチ 第5世代

New→2:iPad mini 6 のリークスペック

予想・噂されているiPad mini 第6世代のスペックは以下の通り。

・iPad mini 6のリークスペック

ディスプレイ:8.9~9.15インチLiquid Retina Z Display(現在のiPad mini 5は7.9インチ)

本体デザイン:iPad Air 4に似た、狭フチ・狭ブチデザイン。本体側面部が角ばり、TouchIDは電源ボタン部分に配置されている

画面解像度:2360×1640

画面明るさ:500ニト

画面特徴:広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ

チップセット:A14 Bionic(iPhone 12シリーズ、iPad Air 4に搭載)。新チップ「A14X」との噂も

メモリ:4GB

ストレージ:64GB/128GB/256GB

メインカメラ:1200万画素シングルカメラ。f/1.8、1080p60fpsビデオ撮影、4K60fpsビデオ撮影、静止画5倍デジタルズーム、ポートレートモード、スマートHDR3、バーストモード対応(iPad Air 第4世代と同じスペック)

バッテリー:デュアルバッテリー構成。20W急速充電対応

Apple Pencil:第2世代「Apple Pencil」に対応

ポート端子:USB Type-C(これまでのLightningから変更)

指紋認証:Touch ID(電源ボタン部分に設置)

スピーカー:スピーカー音質が劇的に改善。スピーカー数は不明

本体サイズ:206.3mmx 137.8mm x 6.1mm

本体カラー:ブラック、シルバー、ゴールド

・第2世代「アップルペンシル」に対応

New→3:ミニLEDパネルの搭載を否定する声も

上述ミンチー・クオ氏(アナリスト)のように、多くの識者はミニLEDパネルの搭載を予想している「iPad mini 6」。

ただ一方で、ミニLEDの搭載を否定する声もあり、例えばディスプレイ業界に関するリサーチ会社CEO、ロス・ヤング氏はiPad miniへのミニLEDパネル搭載を否定しています。

2021年7月の話。

4:リークされた本体デザイン

信頼できる情報提供者から、本体デザインがリークされました。これまでの噂通り、iPad Proのようなデザインを備え、ベゼル部分が狭く薄くなっています。

加えて本体サイズはこれまでと同じまま、画面は9.1インチに大型化されています。

・リークされた本体デザイン

新型「iPad mini 6」、本体デザインがリーク。画面指紋認証・パンチホールを初搭載、iPad Proのような狭小ベゼル・画面サイズ9....

・こちらは2021年4月上旬にリークの本体ダミーモデル

一番小さいのがiPad mini、ほかの2機種は新型iPad Proとのこと。

・こちらは2021年4月作成の予想デザイン

・こちらは2021年6月作成の予想デザイン

New→5:ホームボタンが廃止。電源ボタン部分にTouch IDを設置

米メディアBloombergによる2021年7月のレポートによれば、新型「iPad mini 第6世代」では、ホームボタンが廃止されます。

ただ、Touch IDそのものは廃止されず、電源ボタン部分に設置。すなわち、2020年9月に発表された、iPad Air 第4世代と同じ仕様になるようです。

またBloombergのMark Gurman氏曰く、iPad Air 第4世代とiPad mini 第6世代は、デザインやTouch IDの仕様、スペックなどにおいて多くの共通点が見られるとのこと。

・2021年初頭にリークされたこの本体デザインではホームボタンが存在しますが、最新レポートによれば無いそうです

Bloomberg記者「iPad mini 6 は今年後半発売。大幅なデザイン変更、USB-C、電源ボタンにTouchID搭載」 ...

6:搭載が噂される新チップ、A14X

新型iPad Proや新型iPad miniへの搭載が噂されるチップセット、「Apple A14X」。

次期 iPad Pro にも備えられるこの新型チップセットですが、海外の大手経済メディアBloomberg曰く、昨年発売された新型「MacBook Pro 13インチ」「MacBook Air」に搭載の「Apple M1」と同等レベルの性能を持つとのこと。

米大手経済メディア記者「新型iPad Pro搭載のA14Xチップは、Mac M1チップと同等の性能を持つ」 アメリ...

New→7:USB-Cポートを新搭載。Lightningポートは廃止

上記の本体デザインをリークした情報提供者Jon Prosser氏によれば、新型iPad mini 第6世代ではLightningポートが廃止されるそう。

代わりにUSB-Cポートを備え、iPad Air4のようなデザイン、A14チップ、Touch Idの搭載が特徴になるとのことです。

・予想デザイン

8:Magic Keyoboardへの対応は無い

「iPad mini 5(2019)」と「10.5インチiPad Air(2019)」など、毎度のリリースにおいて、ディスプレイサイズ以外はほぼ同じ性能スペックを備えることが多い「iPad mini」シリーズと「iPad Air」シリーズ。

ただ昨年発売された「iPad Air 4」と異なり、「iPad mini 6」でのMagic Keyoboardの搭載は行われないようです。

New→9:20Wの新型充電器を搭載

アップル関係の予測で知られるアナリスト・Ming-Chi Kuo氏からの情報。

この新型「iPad mini 6」では、20Wの新型充電器が同梱されるとのこと。

なお最近(2021年7月時点)の話では、今年発売の「iPhone 13」シリーズでは、25Wまでの急速充電に対応する様子。

21年新型 iPhone13・13 Pro Max、リークスペックまとめ 2021年に発売されるアップルの新型スマ...
アナリスト「10.8型 iPad Air が今年後半、8.5型iPad mini が2021年に発売。新型20W充電アダプター同梱」 ...

10:上位モデル「iPad mini Pro」が2021年秋発売?

韓国ブログNaver発の噂として、上位モデル「iPad mini Pro」が開発中との噂。

iPad ProとiPad miniの中間のような画面サイズとスペック性能がその特徴。

発売は2021年秋とのこと。

新型「iPad mini Pro」、リークスペック情報まとめ ・こちらは新型「iPad mini 6」の予想デザイン ...

【2019年モデル】

11:新型「iPad mini 第5世代」の特徴、5ポイント

・約4年ぶりの新型モデル

2015年に発売された「iPad mini 4」の後継機種。

・第1世代のApple Pencilに対応

第一世代のApple Pencilに対応。同時発表の新型iPad Airとは異なり、smart keyboardには対応しない

・チップセットはA12 Bionic

2018年に発表された「iPhone XS」「iPhone XR」搭載のA12 Bionicを採用。

iPad mini 4搭載の「A8」の3倍高速を謳う

・8メガピクセルのリアカメラ、7メガピクセルのフロントカメラ

新型iPad Airと同じ性能。ビデオ撮影画質はフルHD(1080p)に対応。

・Lightningコネクターを搭載

2018年iPad Proとは異なり、ポートはLightning

12:「iPad mini 5」と「iPad Air 3」のスペック比較表

・スペック比較表

iPad mini(2019) 10.5インチiPad Air(2019)
サイズ 7.9インチ 10.5インチ
解像度 2048×1536 2248×1668
ピクセル密度 326ppi 264ppi
プロセッサ A12 A12
メモリ 3GB 3GB
メインカメラ 800万画素(5枚構成のレンズ)
ビデオ撮影 1080p 1080p
FaceTime前面カメラ 700万画素 700万画素
タテ 203.2mm 250mm
ヨコ 134.8mm 174.1mm
厚さ 6.1mm 6.1mm
重量 300.5g(Wi-Fiモデル)

308.2g(LTEモデル)

456g(Wi-Fiモデル)

464g(LTEモデル)

バッテリ持ち Wi‑Fiでのインターネット利用:最大10時間

携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間

ヘッドホンジャック あり あり
コネクタポート Lighting Lighting、Apple Smart Connector
Apple Pencil あり(Apple Pencil第1世代)
ロック解除 Touch ID Touch ID
SIMカード nano-SIM、eSIM nano-SIM、eSIM
Smart Keyboard Folio なし(Bluetoothキーボードに対応) なし(Smart KeyboardとBluetoothキーボードに対応
スピーカ 2スピーカ 2スピーカ

13:iPad mini(2019)の見た目、外観。折り曲げにも強い

・デザイン

・折り曲げにも強い

毎回各種ガジェットの耐久テストを行なう動画チャンネル:JerryRigEverythingにて、新型iPad mini の折り曲げテストが行われる。

テストを見ればわかるように、今回のiPad mini 2019は「折る」「曲げる」といった力に対し強い。

またもし仮に本体が曲がったとしても画面そのものやフレームは割れず、タブレットは完全に機能し続けた

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク