22年新型 iPad Pro 6 、リークスペック情報まとめトピックス

スポンサーリンク

22年新型 iPad Pro 第6世代 、リークスペック情報まとめトピックス

2022年初頭の発表・発売が噂される、新型「12.9インチiPad Pro 第6世代」「11インチiPad Pro 第4世代」のリーク情報まとめページです。

更新情報

5/9:「8:iPad Pro 6の本体予想デザイン」「6:新型「Apple Pencil3」が開発中」「10:iPad Pro7では有機ELパネルを搭載か」

3/31:「1:2022年新モデル、「12.9型 iPad Pro 6」「11.0型 iPad Pro 4」の発売日・ポイント」

【2022年モデル】

New→1:新モデル、「12.9型 iPad Pro 6」「11.0型 iPad Pro 4」の発売日・ポイント

【発売日・スペックなどのポイント】

発表/発売:2022年9月~11月(2022年秋)

発売モデル「12.9インチiPad Pro 第6世代」「11インチiPad Pro 第4世代」

米経済メディア・ブルームバーグの2022年4月のレポートによれば、アップルは次期iPad Pro、12.9インチiPad Pro 第6世代」「11インチiPad Pro 第4世代」を2022年秋(9月~11月)に発表・発売します。

【スペックなどのポイント】

・新デザインの採用

・メインカメラは3眼トリプルカメラに

・チップセットには2022年登場の新SoC「Apple M2」を採用

予想デザイン

2:新デザインの採用

米ブルームバーグの2021年12月のレポートによると、この新型「12.9インチiPad Pro 第6世代」「11インチiPad Pro 第4世代」では本体デザインが新しいものになります。

・iPad Pro 6以外でもデザインのリニューアルが

また2022年、アップルは各種製品においてデザインのリニューアルを行う予定であり、この新型iPad Proに加え、

  • 次世代MacBook Air
  • 次期iMac
  • iPhone 14シリーズ

といった製品でもデザインが一新される見込みです。

3:11インチiPad Proでも、ミニLEDパネルを搭載

TFインターナショナル証券のアナリストMing-Chi Kuo氏によると、2022年発売の「11インチiPad Pro 第4世代」では、バックライトに「ミニLED」を採用したLiquid Retina XD液晶ディスプレイが搭載されます。

ミニLEDパネルは2021年春発売の「12.9インチiPad Pro 第5世代」ではすでに搭載済。「コントラスト比」「画面の明るさ」といった点で、通常の液晶ディスプレイをはるかにしのぐ性能を誇ります。

アナリスト「2022年、iPad Pro 11型とMacBookAirにミニLEDパネルが搭載される」 アナリスト...

・ミニLEDパネルを搭載する、12.9インチiPad Pro 第5世代

4:ガラス製筐体を採用、「MagSafe」によるワイヤレス充電が可能に

・本体素材の変更によるMagSafeへの対応

経済メディアBloomebergによれば、新型「iPad Pro 6」では、これまでのアルミニウム製筐体ではなくガラス製背面素材を採用します。

・逆ワイヤレス充電もありそう

これにより、iPhone 12シリーズ同様、「MagSafe」によるワイヤレス充電、逆ワイヤレス充電に対応するとのこと。また、この「iPad Proでの逆ワイヤレス充電」については、近しい技術が特許情報から明らかになっています。

New→5:新チップ「Apple M2」を搭載

現在、MacBookAirと同じく「Apple M1」チップが搭載されているiPad Proシリーズ。

これが次世代モデルでは、次期チップ「Apple M2」が装備されます。

・Apple M2のスペック

Apple M2のスペックに関して明らかになっていることはまだ少ないですが、CPUコア数が7~8個、GPUコア数が9~10個。とりわけ、グラフィックス性能の強化が図られている様子。

なおこのApple M2は、「MacBook Air(2022年モデル)」「13インチのMacBook Pro」「Mac mini(2022)」「24インチのiMac」といった機種にも搭載が期待されています。

New→6:新型「Apple Pencil3」が開発中

・新型「Apple Pencil3」が開発中

2021年初頭以来、アップルは新型Apple Pencilの開発に取り組んでおり、すでにその本体をとらえた映像もリークされています(下のツイート)。

この新型モデルのスペックなどはまだ不明なものの、新たな本体カラー:ブラックも用意されているようです。

・登場は当分先?

ただこの新型アップルペンシル。ここ最近(2022年5月現在)は全くと言っていいほど情報が寄せられておらず、登場は当分先のことになりそうです。

7:チタンシャーシの採用

本体素材にアルミニウムを採用するiPadシリーズですが、台湾メディアDigiTimesによると、Appleは現在、iPadシリーズ用のチタンシャーシの開発に取り組んでいます

チタンは高価な素材であるため、この採用はハイエンドモデルに限定されるとのこと。とはいえ、まだ開発は初期段階であり、実装には遠い年月がかかりそうです。

New→8:iPad Pro 6の本体予想デザイン

デザイナーのApple_lab氏により、iPad Pro 6(「12.9インチiPad Pro (第6世代)」「11インチiPad Pro (第4世代)」)の本体予想デザインが作成されました。

・MagSafeに対応

・11.0インチモデルでもミニLEDパネルを搭載

・ブラックとホワイトの本体カラー

・Apple Pencil 第2世代にも、もちろん対応

・背面カメラは広角カメラ+超広角カメラ+LiDAR

9:Logic Pro Xに対応?

著名リーカー、ジョン・プロッサ―氏によれば、近い将来、アップル製DAW(作曲)ソフト「Logic Pro X」がiPad Proに対応するようになるとのこと。

2020年春のレポート。

【2023年以後モデル】

New→10:iPad Pro7では有機ELパネルを搭載か

複数の情報によれば、アップルは現在、将来的なモデルとして「有機ELパネルを搭載したiPad」を開発中とのこと。

詳細は不明ですが、搭載となるとまずは最上位モデルであるiPad Proシリーズへの搭載が考えられるのは自然なこと。

この有機ELモデル、早ければ登場は2023年とのことで、「iPad Pro 7」には期待しても良いかもしれません。

【関連記事】

2023年発売、iPad有機EL・14インチiPad・折りたたみ型iPadリークスペックまとめ ・こちらは現行iPad Pro ...

11:その他のiPadにまつわる噂や特許情報

1: 有機ELバーを搭載するiPadの登場

一部リーク筋から、MacBook Proのように「有機ELバーを搭載する iPad」の情報がもたらされている。

2:iPad 関連の特許

将来的なiPadの姿を予想するのに最適?

「アップルが最近出願した、iPad関係の特許」「ここ最近におけるアップルの動向」を紹介します。

①:iPadやMacBookから、iPhoneへの無線充電が可能になる?

アップルが発売を予定していた無線充電機「AirPower」のように、iPadやMacBookからiPhoneへのワイヤレス充電を可能とするもの。

②:リアルタイムな文字認識特許

書かれた文字をリアルタイムに認識する、iPad用手書き文字入力機能

③:ノッチ部分を完全になくす特許

画面に小さな開口部を設け、カメラやセンサーを画面下に配置する。これによりさらなるベゼルレス化とノッチ部分の廃止を可能にする

④:iPadをドッキングしてMac風に使える?

アップルが取得した、iPhoneやiPadを接続してPC風に使えるドッキングステーションの特許。

・画面部をiPadにすることも

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク