新型10.2型 iPad・iPad Pro、噂情報まとめ9トピックス

スポンサーリンク

新型10.2型 iPad・iPad Pro、噂情報まとめ9トピックス

更新情報

9/11:「①:新型iPad 10.2インチが登場」「②:10.2型iPadのスペック」

【2019年モデル】

New➾①:新型iPad 10.2インチが登場

【ポイント】

・新型10.2インチiPad(第7世代)が9月発売

・9.7インチiPadの後継モデルとなり、現行9.7型iPadは廃止

・アップルペンシル、スマートコネクター、スマートキーボードに対応

New➾②:10.2インチiPadのスペック・発売日

・発売日:2019年9月30日

ディスプレイ:10.2インチRetina

プロセッサCPU:A10 Fusion(現行iPad 9.7と同じ)

記憶容量:32GB/128GB

メインカメラ:800万画素

重さ:453g

本体カラー:シルバー、スペースグレー、ゴールド

スマートコネクター:◯搭載。スマートキーボードが使える

アップルペンシル:◯対応

バッテリー持ち:最大10時間

価格:329ドル(32GB、Wi-Fi)/459ドル(32GB、Wi-Fi+GPS)

・スマートコネクターに対応、スマートキーボードが使えるように

・アップルペンシルも引き続き対応

【2019年未発表モデル】

③:新型10.5インチ iPadも開発中?

アップル関係のリーカーとして著名なCoinX氏によると、アップルは上述「新型 iPad 10.2インチ」に加え、「新型 iPad 10.5インチ」も開発しているとのこと。

④:ブルームバーグ「アップルが新型iPad Proを開発中」

大手経済メディア・ブルームバーグによれば、アップルは現在、新型iPad Pro 11.0インチと12.9インチを開発中

この両機種においては、カメラの性能アップとチップセットのアップグレードが行われ、その以外のデザイン・スペックは変わらない。5G対応も無し。

⑤:マウスが使用可能に?

iPhone・iPadなどアップル関係の情報を伝えるポッドキャスト”Connected podcast”によるレポート

USB-Cポートを通して、「マウスが使用できるようになる」という話。

現在のところ有力な情報元が無く、信ぴょう性はまだまだ噂の域を出ないといったところ。

【2020年・2021年モデル】

⑥:OLEDディスプレイを搭載?

複数の韓国メディアがレポート。次期iPad Proでは、有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されるそう。

有機ELディスプレイの供給元はiPhoneと同じく、ディスプレイメーカーとして世界シェアナンバーワンである韓国サムスン。

またアップルの特許情報を扱うサイトPatently Appleも、アップルが出願した特許からiPadでの有機ELディスプレイ搭載を予想。

また韓国の新聞「The Korea Times」が伝えるところによると、(ディスプレイ供給元の)サムスンは今後、iPadやMacなどへの有機ELの拡大を目指すことになるそう。

viavia2 、via3

⑦:折りたたみ型iPadが開発中

調査会社IHS MarkitのJeff Ling氏によれば、アップルは現在「折りたたみ型iPad」を開発中とのこと。

ポイントは次の通り。

・MacBookのディスプレイサイズほどの大きさ

・2020年前半発売の、2画面型Surface(マイクロソフト製)のライバル機種として開発

・発売は、iPhone 5Gより後(2021年以後)

・GISやTPK、Catcherなど、iPadへ各部品を供給しているサプライヤーが引き続き部品を供給

⑧:2020年モデルはアンテナの性能が向上

アナリストのミンチー・クオ氏が予想。

2020年モデルのiPadでは、「LCP Soft Board」が採用され通信アンテナの性能が向上。

⑨:2021年モデルでは5G対応

さらにクオ氏によれば、2021年iPadではいよいよ5G通信に対応

なお、iPhoneは2020年モデルから5G通信に対応するとのこと。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク