ソニーXperiaを取り巻く技術・テクノロジー環境のまとめ5つ。マルチ画面・有機EL・折り曲げ画面

スポンサーリンク

ソニーXperiaを取り巻く技術・テクノロジー環境のまとめ5つ

更新情報

2/1:「②:ジャパンディスプレイがガラス指紋センサーを開発」を追加

2018年現在における、ソニーモバイルXperiaを取り巻くテクノロジー周辺に関しての、ざっとした紹介ページとなっています。

①:JDIの有機ELディスプレイ。5.5型HDR、10万コントラスト比

ソニーも出資する液晶ディスプレイ大手のジャパンディスプレイ(JDI)が開発する有機ELディスプレイ。

現在、2019年の量産化に向けて開発中。

・JDIホームページより

有機ELディスプレイは高コントラスト・薄型を実現する次世代ディスプレイ技術です。自発光型ディスプレイのため高いコントラストが得られます。また、バックライトが不要なため超薄型の構造となります。

モバイル製品として代表的なスマートフォンのディスプレイは、高精細なFull-HDやWQHDが 主流ですが、従来の有機EL技術では精細度に限界がありました。当社では、高精細化に 適したAdvanced-LTPS(バックプレーン技術)とAdvanced-SBS(フロントプレーン技術)で 高画質な表示を目指します。

・仕様

仕様 画面サイズ 5.5型
画素数 1080×1920
(Full-HD)
精細度 401ppi (real)
ピーク輝度
(10% area)
>700cd/m2
コントラスト比 >100,000
プロセス バックプレーン Advanced-LTPS
フロントプレーン Advanced-SBS

New➾②:ジャパンディスプレイがガラス指紋センサーを開発

ソニーも大株主に名を連ね、関係が深いディスプレイ大手のジャパンディスプレイ(JDI)が、ガラス指紋センサーを開発。

かならずしもスマートフォン用途だけではないが、これを用いて、今後スマートフォンディスプレイ上での指紋認証が期待できる。

なお、すでに画面上での指紋認証機能を搭載したスマートフォン「Vivo X20 Plus UD」は中国メーカーのVivoから発表され、2月1日に海外市場で発売予定

・Vivo X20 Plus UD

③:今後のスマホの主流は2画面?3画面?フルアクティブディスプレイ

同じくジャパンディスプレイ(JDI)が開発するフルアクティブディスプレイ。

フルアクティブディスプレイ活用イメージ

https://youtu.be/AL0leTBwYO4

④:折り曲げ可能なディスプレイの登場も

・こちらも、ジャパンディスプレイによって開発が進められている「フルアクティブFLEXディスプレイ」。

このディスプレイを用いることで、折り曲げ可能なスマートフォンの開発が可能になるという。

https://youtu.be/TwMqm4HqRYc

出典:テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」2016年11月10日放送回

⑤:ソニーモバイルの最近の登録商標

・Dynamic Vibration System

➾光学手振れ補正機構との噂

・AUBE

・CRIOTIVE

・DOG+

ソニーのロボット、「アイボ」関連と予想されている

⑥:ここ最近のソニーモバイルの登録商標とその実際

2017年前半に見つかった商標登録から

・ANYTIME TALK➾スマートプロダクツ「Xperia Ear」の機能

・FAIT➾パーソナルヘルスケアサービスFit with AI Trainerの略称

・NIMWAY➾スマートオフィスソリューション

・XPERIA HELLO!➾スマートプロダクト

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク