Fitbit製スマートウォッチを用いての、新型コロナウイルス感染症を発見する研究が進行中

スポンサーリンク

Fitbit製スマートウォッチを用いての、新型コロナウイルス感染症を発見する研究が進行中

スタンフォード大学メディカルセンター、FitbitならびにScripps Researchは現在、共同で新型コロナウイルス感染症 COVID-19早期発見の研究を行っています。

これは、Fitbitらのスマートウォッチ、活動量計などウェアラブルデバイスを用いて、体温や心拍数などさまざまなデータを取得。分析して、病気の初期兆候を検出するというもの。

「スマートウォッチやその他のウェアラブルでは、1日あたり多くの測定が行われます。それは少なくとも250,000にも及び、強力な監視デバイスとなっています」と語るのは、スタンフォード大学医学部の教授であり遺伝学を専門とするMichael Snyder博士。

この研究において、Fitbitからはすでに1000台のデバイスが寄付されました。

SOURCE:phonearena

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク