【なるほどマニアックス】旧ソ連に関連したゲーム11本。KGB、ソ連崩壊、核戦争、レーニン…etc.

スポンサーリンク

【なるほどマニアックス】旧ソビエトに関連したゲーム11本。KGB、ソ連崩壊、核攻撃

労働者の夢と希望を乗せて旅立つも、多くの矛盾を抱え、結局1991年に崩壊してしまったソビエト連邦。そんな旧ソ連を舞台にしたゲームを、あまり知られていないマイナーなものを中心にご紹介。

扱っているものの宿命か、KGB、ソ連崩壊、核攻撃など、政治ネタが多いのがその特徴となっています。

B-1 Nuclear Bomber(ビーワン ニュークリア― ボマー)

1980年発売

開発:マイクロコンピュータ・ゲームズ

販売:アヴァロン・ヒル

機種:Apple Ⅱ

ジャンル:フライトシミュレーション

B-1機で敵国に核爆撃を行うフライトシミュレーション。ソ連は標的となる国の一つであり、シナリオには1991年7月にモスクワに核爆撃を行うというものも。

・Crisis in the Kremlin(クライシス・イン・ザ・クレムリン)

1991年発売

開発:バーブ・コーポレーション、スペクトラムホロバイト

販売:MicroProse

ジャンル:政治シミュレーション

本作でプレイヤーは、1985年から2017年にかけての時代をソビエト連邦の指導者となり、内政から外交に至るまで、ありとあらゆる政務活動に携わることに。

海外製PCゲームらしく、建設、環境、軍事、年金、福祉、農業、経済など様々な支出の増減が細かく指示できるほか、ゴルバチョフら改革派とエリツィンら急進派、リガチョフら保守派の対立、1988年のアルメニア大地震や86年のチェルブイリ原子力発電所の事故などといった歴史的イベントもゲーム内に登場。

・Death to Spies: Moment of Truth(デス トゥ スパイズ)

2009年発売

開発元: Haggard Games

パブリッシャー: 1C Company

機種:PC

ジャンル:ステルス系サードパーソンアクション

評価:85%が好評(Steam)/69点(Metacritic)

時代は1940年代。第2次世界大戦に実在したソ連の諜報部隊「SMERSH(スメルシ)」の一員となって、敵軍の高官の暗殺など、危険な任務を遂行していくステルスタイプのサードパーソンアクション。

・DEFCON(デフコン)

2006年発売

開発・販売:Introversion Software

機種:PC

評判:88%が好評(Steam)

ジャンル:アドベンチャー

舞台は冷戦時代。核兵器を用いた第3次世界大戦が勃発。プレイヤーは独裁者となり、自国の犠牲をできるだけ少なくしかつ敵国を効果的にせん滅するかを競う、映画『博士の異常な愛情』みたいにブラックユーモアあふれるソフト。

・KGB

1992年発売

開発:Cryo Interactive

販売:Virgin Entertainment

機種:アミガ/MS-DOS

ジャンル:アドベンチャー

舞台はソ連崩壊直前の1991年夏。主人公のKGB・P課の課長、マキシム・ミカイロヴィッチ・ルコフはKGB内部の不正を暴くよう上層部から密令を受ける。だが、捜査を続けるうち、ルコフはソ連そのものを動かす大きな陰謀に巻き込まれていくことに…。

Lenin in Morgue(レーニン・イン・モルグ)

lenin

2014年発売

開発・販売:Bulanga Games

機種:iOS/Android

ジャンル:死化粧シミュレーション

1917年に起きたロシア革命100周記念として作られたらしい謎ゲーが本作。われらがボリシェヴィキの偉大なる指導者・レーニンの死化粧を行う。

どう見てもク〇ゲーなのに、1.99ドルと有料なのがさらに謎。

・Soviet City(ソヴィエト シティ)

2016年発売(現在も開発中)

開発・販売:chicken in the corn studio

機種:PC(Steam)

評価:82%が好評(Steam)

ジャンル:独裁国家運営都市シミュレーション

一見よくあるシムシティタイプの都市発展シミュレーション。だが本作が他のゲームと一線を画するのは舞台が「旧ソビエトの都市」というところ。プレイヤーはとある市のソビエト議長となって、経済なり政治なりを一挙に担い、都市建設に向け辣腕を奮っていきます。

ゲームではソビエトらしく”恐怖レベル(terror level)”という概念が存在。社会主義国らしく資源が限られた中で、住民たちを生かさず殺さず恐怖で上手にコントロールし、「5か年計画」を何とか達成していくことが求められる。

soviet

ゲーム内の建築物やグラフィックスは1920年代に活躍したロシアン・アヴァンギャルドの建築家/美術家であるエル・リシツキーのものをモチーフとし、一方音楽も”ソビエト風ダブステップ”を採用。細部までソ連らしさがあふれており、全世界津々浦々のソビエトマニアからも評判が良い一本。

・Spin Tires(スピン タイヤズ)

2014年発売

開発・販売:Oovee Game Studios

機種:PC(Steam)

評判:86%が好評(Steam)/67点(Metacritic)

ジャンル:運送シミュレーター

舞台は旧ソビエト時代。地図とコンパスだけを頼りに、ソビエトのボロトラックで黙々と運び続ける運送シミュレーター。

ロシアのぬかるんだ道の再現にこだわっており、気を抜くとすぐさま道にタイヤが取られ車体が転倒してしまう。

・The Tomorrow Children(トゥモロー チルドレン)

2016年発売

開発:Q games、SCEジャパンスタジオ

販売:ソニーインタラクティブエンタテインメントジャパン

機種:PS4

評判:57点(metacritic)

ジャンル:SFアドベンチャー

舞台は21世紀。1967年にソ連で行われた極秘実験により、人類の肉体と意識が消失してしまった世界。

プレイヤーは人類を復活させるため各種の労働活動を行うことになります。

「“マトリョーシカ”を集めて人類を復活させる」「“外貨”を使った秘密の取引」やあちこちのデザインや小物に至るまで、ソ連風味を漂わせる一本。

定期的に変わったゲームをリリースしているソニーらしいオリジナリティあふれるソフトとなっています。

・USSR School uniform

ussr

2014年発売

開発・販売:Anastasia Terekhina

機種:iOS/Android

ジャンル:着せ替え

ソ連版『ガールズモード』。髪型から始まって、上下の服、アイテムなどを好きなように組み合わせることができる。ただそれだけと言えばそれだけの、シンプルなつくり。

・ゴルピーのパイプライン大作戦

1991年発売

開発:コンパイル

販売:徳間書店

機種:ファミリーコンピュータ、MSX2、FM TOWNS

ジャンル:パズル

当時ペレストライカやらグラスノスチやらの改革で日本含め各国で人気があったソ連の一番偉い人・共産党書記長ゴルバチョフ。日本もまだバブル崩壊前夜で無駄金を使う余裕があったのか、なぜかこのソ連の政治家をモチーフにしたパズルゲームがリリース。

しかしその年の12月、ソビエトは崩壊しゴルバチョフは偉い人の座をエリツィンに奪われたのはご存じの通り。一方の日本も現在まで続く長い低迷期に突入し…。

肝心のゲーム本編は、BGMの評価は高いとのこと。

【参考文献一覧】

一部タイトルは以下の文献を参考にしました

https://en.wikipedia.org/wiki/B-1_Nuclear_Bomber

https://en.wikipedia.org/wiki/KGB_(video_game)

https://en.wikipedia.org/wiki/Crisis_in_the_Kremlin

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%A4%A7%E4%BD%9C%E6%88%A6

スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)