【レビュー】アクションカメラ「AN5000」

スポンサーリンク

【レビュー】アクションカメラ「AN5000」

海外で売られている製品を購入できる通販サイトTOMTOPさんから商品の提供を受けましたので、レビューをいたします。今回紹介するのはAndoerの「AN5000」

本デバイスは、最近人気を集めるいわゆる「アクションカメラ」。AN5000では、4K解像度(2880 × 2160)での撮影が可能となっています。

・AN5000の本体外観

・microSDカード、microHDMI端子、microUSB端子

・電源/モード選択ボタン

・OK決定ボタン

・AN5000のココが〇

アクションカメラというのは普通のカメラやビデオカメラにはない面白いポイントがいくつかあり、今回のレビューでは、そこらを中心に紹介していきたいと思います。

①:広角撮影ができる

アクションカメラならではの仕様として、広角撮影(ワイド撮影)が可能。通常の撮影より幅広い対象を捉えての撮影が可能となっています。具体的には以下の通り。

・AN5000とiPhone 7との撮影写真の比較

(掲載上の都合から、画質を下げています)

iPhone 7

AN5000

最新スマートフォンほどの明るい撮影はできませんが、例えば風景など全体像を知りたいものを撮影する場合、広角レンズが生かされてきます。

・Xperia XZ Premium

・AN5000

本機AN5000の特徴として、青みがかった感じの撮影画質になります。

②:豊富な付属アタッチメントにより、水中撮影やドライブレコーダー代わりなど、さまざまな撮影ができる

AN5000では多数のアタッチメント類が標準で付属されています。GoProなど大手メーカーの製品では別途に購入しなければならないので、これはうれしいところ。

・たくさんある付属アタッチメント

例えばこれらアタッチメントを生かして、ドライブレコーダーとしての使用や水中での使用も可能です。

・ドライブレコーダーとして

ただし、バッテリーの都合上、40分ぐらいでバッテリーが切れます。

・水中で撮影した写真

③:価格が安い

購入先によって異なりますが、大体6000円~7000円ほどで買うことができます。

・AN5000のココが×

・操作性が悪い

特にファイルを消すのがちょっと面倒でした。またタッチパネル操作はありません。

・ズーム撮影はできない

一般的なほかのアクションカメラと同様(ソニー製など高級機種にはできるものもあり)、ズームはできません。仕様書には5倍ズーム可能と書いてありますが…。

・AN5000の仕様・スペック

センサー: Sony IMX078 1/2.3型 CMOS、F=2.0

レンズアングル: 170°、140°、110°、70°.0″ LCD Screen

ビデオ解像度:UHD P24(2880×2160)、QHD P30(2560×1440)、FHD P60/30(1920×1080)、HD P120/60/30(1280×720)、WVGA P30(848×480)、VGA P240/30(640 ×480)、QVGA P30(320×240)

撮影画像サイズ:2000万画素(5120×3840)、1600万画素(4608 ×3456)、120万画素(4032×3024)、1000万画素(3648×2736)、800万画素(3264×2448)、 500万画素(2594 ×1944)、 300万画素(2048×1536)、VGA(640×480)

フォーマット: MP4/H.264 (Video)、JPEF(Image)

ISO: Auto/100/200/400

サイズ: 5.9 × 4 × 1.2cm

重さ:63g

・購入先リンク。クーポンコード付き

AN5000、またはアクションカメラ用のリングライトの購入先はこちらから。5ドルオフのクーポンコード付きです。

・Andoer AN5000:購入先リンク
クーポンコード:VAN469S  $5オフ  10/15まで

・Andoer Action Camera LED Ring Light:購入先リンク
クーポンコード:NIHON5  $5オフ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク