ソニーと関係が深いJDI、ガラス指紋センサを開発。「これまでにない新たな指紋センサの用途拡大」を見込む

スポンサーリンク

ソニーと関係が深いジャパンディスプレイ、ガラス指紋センサを開発。「これまでにない新たな指紋センサの用途拡大」を見込む

ソニーも資本参加する大手ディスプレイメーカーのジャパンディスプレイは、静電容量式ガラス指紋センサーを開発しました。

これは同社がこれまで液晶ディスプレイに搭載してきた静電容量型タッチ入力技術”Pixel Eyes”を応用したもので、透明なガラス上に静電容量式指紋センサを形成しています。

先日は中国Vivoから世界初となる「指紋認証センサー内蔵ディスプレイ搭載スマートフォン」がアナウンスされましたが、それと同じくガラス上で用いる指紋認証センサとなっています

イメージ画像やアナウンスでの「これまでにない新たな指紋センサの用途拡大」といった文言にもあるように、使用用途としては、必ずしもスマートフォン用のものではないようです。

その一方で「バックライトやディスプレイなどと組み合わせ」ともあるように、スマートフォン用にも期待したいところ。

この製品は、2018年度中での量産出荷が予定されています。

■製品の主な特長

(1)ガラスの透明性を活かした指紋センサの用途拡大

現在一般的に使用されている指紋センサは、シリコン製が主流となっています。

そこで当社は、シリコン製にはないガラスの高い透明性といった特長を活かし、バックライトやディスプレイなどと組み合わせ、これまでにない新たな指紋センサの用途拡大を見込んでおります。

(2)様々な分野で容易にセキュリティの強化が可能に

個人認証付きスマートカードやスマートフォンの普及、そしてIoT(Internet of Things)時代を迎えている現在、あらゆる場所に高セキュリティーデバイスの搭載が求められています。

個人認証システムにおいても、指紋センサによるセキュリティレベルの高度化がこれまで以上に必要です。指紋センサの透明化により、あらゆるデバイスへの搭載の自由度があがり、セキュリティ強化の対応がしやすくなります。また、スマートフォンやノートPC向けで一般的に使用されている、シリコン製指紋センサの置き換えが可能です。

ジャパンディスプレイ社ホームページより

リンク:

j-display.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク