ソニー、新型ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』を10/6発売。最高クラスのノイズキャンセリング性能、前機種比で約4倍の信号処理

スポンサーリンク

ソニー、新型ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』を10/6発売。最高クラスのノイズキャンセリング性能、前機種比で約4倍の信号処理

ソニーは、新型Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』を10月6日に発売します。本地カラーはブラックと、
プラチナシルバー。価格はオープン価格。

先日のIFA 2018で発表されたばかりのワイヤレスヘッドフォンが、早くも登場。新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載し、最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現。前機種『WH-1000XM2』に比べ、約4倍の信号処理が可能となり、飛行機などの低域のノイズはもちろん、人の声や雑踏の音など、これまで打ち消しづらかった中高域のノイズを大幅に低減します。

・プロモ―ションビデオ

https://youtu.be/qD-Yud_d1M8

またCD音源や、MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする独自技術DSEE HX、ワイヤレスかつハイレゾ音源を原音に忠実に再現できるLDACにも対応。

ほか本体の軽量化、イヤーパッドの内部素材やイヤーカップの構造、ヘッドバンドの形状の改良による装着感の改善も行われています。

リンク:ソニープレスリリース

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク