iPhone 13搭載、新型チップ「A15」のベンチマークスコアがリーク Snapdragon 898と比較

スポンサーリンク

iPhone 13搭載、新型チップ「A15」のベンチマークスコアがリーク Snapdragon 898と比較

まもなく発表となる、アップルの新型スマートフォン「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4機種。

今回新たに、この新型iPhoneで搭載される、新チップ「Apple A15 Bionic」のベンチマーク(gfxbench Manhattan3.1ほか)がリークされています。

同じく新チップとなる、「クアルコム Snapdragon 898」「サムスン Exynos 2200」らのリークスコアと併せて紹介。

ベンチマークスコア

ベンチマークスコアは、以下の通りとなりました。

・Apple A15

Manhattan 3.1: 198 fps

(※数字が大きいほど、性能が優れていることを示す)

・Snapdragon 898

Manhattan 3.1: 158.4 fps

Aztec normal: 112.7 fps

Aztec high: 43.1 fps

・Exynos 2200

Manhattan 3.1: 170.7 fps

Aztec normal: 121.4 fps

Aztec high: 51.5 fps

Snapdragon 898、Exynos 2200とスコア比較

さてベンチマークスコアをざっと見たところ、Apple A15>Exynos 2200>Snapdragon 898といったベンチマークスコアの比較関係が描けそう。すなわち、3つの新型チップセットの中ではApple A15が一番、ベンチスコアとしては優れているようです。

なお新型チップとしては、「Mediatek 2000」も今後登場予定ですが、これについてはリーク元曰く「Snapdragon 898とExynos 2000の中間の性能となる」そうです。

SOURCE:TWITTER

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク