【随時更新】気になる不具合とその対処法は?iPad Air 2並みの性能!iPhone6s・6s Plus/iPad mini4のスペック情報15トピック

スポンサーリンク

iPhone6s・6s Plus/iPad mini 4の細やかなスペック、不具合情報まとめ

そのほかまとめ

バッテリー、アプリ落ちなどiOS9.2、iPhone6sほか全iPhone/iPadの不具合11種類対処法・解決法まとめ

更新情報

11/21:「1.iPhone 6s/6s Plus本体の不具合とその対処法」の更新

目次(各項目をクリックでジャンプ)

【iPhone 6s/6s Plus】

1.iPhone 6s/6s Plus/iPad Pro本体の不具合とその対処法

iPhone 6s/6s Plusで発生
症状 対処法 さらに詳しい対処法の解説
画面が反応しない。電源が入らない 数分間充電してみて下図のような充電画面が表示されるか。

されない場合は故障の可能性がありべってリー交換をアップルに申し込む

iphone6-ios8-phone-charging

キーボードが操作不可 キーボードの設定で、日本語キーボードをかな、フリックのみとすると操作不可能な状態に。⇒iOS9.1で不具合解消。
スピーカーから爆音/歪み音 対処法無し

ソフトウェア、ハードウェアどちらの不具合なのか不明

3D Touchの不具合

WebブラウザSafariにおいて、リンク先が押しても開かない

電源ボタンとホームボタンの同時押しを10秒間以上行い、本体の強制終了
電源が急に落ちる ①:電源ボタンとホームボタンの同時押しを10秒間以上行い、本体の強制終了

②:メモリ容量がひっ迫していた可能性あり。メモリの開放をこまめに行う

ホームボタンが熱い 電源(スリープ)ボタンとホームボタンの同時押しをApple ロゴが表示されるまで10秒間以上行い、本体の強制終了

iPad Proで発生

充電していると端末がフリーズ。一切の操作を受け付けなくなる 電源ボタンとホームボタンの同時押しを10秒間以上行い、本体の強制終了

その後、iTunesでiPad Proを工場出荷時の状態に戻す。

※工場出荷時の状態に戻すとデータは消える

2.カメラ:iPhone 6sのみに付いている光学手ぶれ補正がすごい!

iPhone6camera-e1433968113239

・背面カメラ/前面カメラ

背面カメラの画素数が1200万画素に向上。4K動画撮影(3,840×2,160、30fps)が出来るようになった。パノラマモードでは、iPhone6の最高43MPから、最高63MPまでサポートするように。前面カメラも500万画素にアップ。

・光学式手ぶれ補正はiPhone 6s Plusのみ搭載

iPhone 6sシリーズでは、6s/6s Plusの両モデルともに「電子式手ぶれ補正機能」が搭載されており、ある程度の手ぶれは軽減させることができる。

iPhone 6s Plusでは加えて「光学式手ぶれ補正機能」が搭載、さらなる手ぶれの軽減を行うことができる

この光学式手ぶれ補正はiPhone6 Plusにも搭載されていたが、iPhone 6s Plusでは新たにムービー撮影でも光学式手ぶれ補正が効くようになった。

・iPhone各シリーズでの光学式手ぶれ補正の有無

iPhone 6 iPhone 6 Plus iPhone 6s iPhone 6s Plus
写真 × ×
ムービー × × ×

・「光学式手ぶれ補正機能」の有無による違いがよくわかる動画

https://www.youtube.com/watch?v=WDq1QN1oLSw

[関連記事:光学式手ぶれ機能有無の違いが判るiPhone 6s/6s Plusの撮影動画が公開]

・再生ズーム

撮影した動画の一部分をズームできるようになった。

3.カメラ調査機関「DxOMark」によるテスト

総合スコア:82点

写真、ムービー共に露光やホワイトバランス、オートフォーカスなどには評価が集まったものの、ノイズ、色のムラ、ムービー撮影での手ぶれ補正などの評価がいま一つだった様子。Xperia Z5やNexus 6Pといったカメラには劣る結果となった。

iphone_camera_score

・各種スコアのうちわけ

写真撮影 ムービー撮影
総合 83 総合 80
露光、

コントラスト

90 露光、

コントラスト

80
色彩 83 色彩 86
オートフォーカス 92 オートフォーカス 87
質感 73 質感 82
ノイズ、

ざらつき

73 ノイズ、

ざらつき

76
人工物 85 人工物 85
フラッシュ 84 手ぶれ補正 60

・写真でのプラス/マイナスポイント

[プラスポイント]

すぐれた露光、ホワイトバランス性能

いかなる状況でも速く正確な動作を見せるオートフォーカス

[マイナスポイント]

低照度(少ない光)状況下でのノイズ

室内撮影で起こる色のムラ

建物を撮影すると「ゴースト」がたまに発生する

屋外での撮影でも「カラーキャスト」が起こる

ゴーストとは・・・

レンズ面で複雑に反射を繰り返した光がはっきりと画像として写ったもののこと

iphone_ghost

右図が「ゴースト」が起こった写真。右上部、太陽光がレンズに反射している (出典元:パナソニック)

カラーキャストとは・・・

黄色がかった不自然な色合いのこと。室内でフラッシュを使用せずに撮影した写真などでよく発生。

iphone_colorcast

左がカラーキャスト状態になっている写真。(出典元:アドビ)

・ムービー撮影でのプラス/マイナスポイント

[プラスポイント]

速く正確な動作を見せるオートフォーカス

すぐれた露光、ホワイトバランス性能

適切な照明状況での効果的な手ぶれ補正

[マイナスポイント]

低照度(少ない光)状況下でのノイズ、色のムラ

4.CPU性能

・CPU性能が70%アップ。スマートフォントップクラスの性能に

CPUには新チップセット「A9(1.85GHz デュアルコア)」を搭載。これまでの「A8」に比べ、アップル公称でCPU性能が70%向上した。

・総合性能を測定するベンチマークソフト「Passmark」における主なスマートフォンのスコア

iPhone 6s Plus 7824
iPhone 6s 7632
Galaxy S6 Edge 7513
Galaxy S6 7272
Xperia Z5 6140
ARROWS NX F-04G 6060
Xperia Z4 5462
iPhone 6 5277
iPhone 6 Plus 5153
Xperia Z5 Compact 5188
iPhone 5s 4957
iPod Touch 2015 4910
Xperia Z3 Compact 3381

iphone_benchmark_passmark

・CPU性能を測るベンチマークソフト「Geekbench 3」における主なスマートフォンのスコア

(公式データベースから直近20スコアを平均)

マルチ

Galaxy S6 4602
Galaxy S6 Edge 4457
iPhone 6s 4406
iPhone 6s Plus 4410
Nexus 6P 4019
Xperia Z5 3685
Xperia Z5 Compact 3685
Xperia Z4 3523
ARROWS NX F-04G 3283
iPhone 6 Plus 2805
Nexus 5X 2790
iPhone 6 2780
Xperia Z3 Compact 2705
iPod Touch 2015 2425
iPhone 5S 2425

シングル

iPhone 6s 2542
iPhone 6s Plus 2527
iPhone 6 1585
iPhone 6 Plus 1578
Galaxy S6 1399
iPod Touch 2015 1348
iPhone 5S 1348
Xperia Z5 1304
Xperia Z5 Compact 1304
Galaxy S6 Edge 1234
Nexus 6P 1206
Xperia Z4 1050
Xperia Z3 Compact 942
Nexus 5X 941
ARROWS NX F-04G 706

マルチ

iphone_benchmark_geekbench3_multi

シングル

iphone_benchmark_geekbench3_single

・Antutuベンチマークソフトのスコア

iPhone 6sで平均 60,766 スコア(11デバイスの平均)、

iPhone 6s Plusで平均  58,868 スコア(11デバイスの平均)を記録

[関連記事:iPhone6sシリーズとiPad Pro、CPU性能スコアが判明。Xperia他と比べると?]

[関連記事:新型iPod touchのベンチマーク結果が公開。他機種と比べるとiPhone 5sに近い性能か]

[関連記事:【随時更新】Xperia Z5ほか、2015秋冬スマホ22機種ベンチマーク性能比較!AntutuからCPU、3Dグラフィック・動画再生まで6種類【iPhone6s/Nexus 6P】 ]

・Siriが常時起動に

CPUの性能向上により「ヘイ、Siri」と話しかけることで音声ナビゲーションSiriを常時起動させることが可能に。iPhoneが見つからない場合でも呼びかければ「ここにいますよ」と答えてくれる便利な仕様に。

iPhone6s_useful

引用:@AkatsukiKatoh氏のツイートより

なおSiriはロックがかかっていても反応してくれるとのこと。

4.グラフィック性能

・ついにグラフィック性能がPS3/Xbox360を超える

imagination_7xt_graphics_chart

A9のグラフィックパーツに採用されると言われている「PowerVR(パワーブイアール) GT7600」により、iPhone 6sのグラフィック性能はiPhone 6より70パーセントアップ。PS3やXbox360のグラフィックを上回るとのこと。

・スマートフォントップクラスのグラフィック性能

3Dグラフィックス性能を測る「3DMark(Ice Storm Unlimited)」のスコアから

iPhone 6S 27857
iPhone 6s Plus 27721
Galaxy S6 Edge 27721
Xperia Z5 Compact 26822
Xperia Z5 25759
Galaxy S6 21025
Xperia Z4 20691
Zenfone 2 メモリ4GB 19309
Xperia Z3 Compact 18867
iPhone 6 Plus 17820
Zenfone 2 メモリ2GB 17648
iPhone 6 17270
iPod Touch 2015 17270
ARROWS NX F-04G 14992
iPhone 5s 14795
ファーウェイ Ascend Mate7 13707
ファーウェイ P8Max 10229
ファーウェイ P8 9705
ファーウェイ Honor 7 9655
ファーウェイ P8 lite 8780
ZenFone Selfie SIMフリー 7394

・グラフ

Ice_Storm_Ulimited

6.メモリ

・容量、処理速度が2倍に

メモリ容量が2Gバイトに増え、iPhone6シリーズの1Gバイトから倍増。さらにLPDDR3メモリから処理速度が2倍のLPDDR4メモリに変更。

・LPDDR4メモリとLPDDR3、LPDDR2メモリの違いが判る動画

https://www.youtube.com/watch?v=x5MFpuDTiJU

各メモリ性能比較(動画より)

LPDDR4

(iPhone6s/6s Plus)

LPDDR3

(iPhone6シリーズ/iPhone5)

LPDDR2

(iPhone5

/iPhone5c)

4K動画再生 1分50秒 2分46秒 3分40秒
ゲームアプリロード時間 29秒 36秒 43秒
ZIP解凍 51秒 1分3秒 1分15秒
ウイルススキャン 1分38秒 1分50秒 2分2秒

[関連記事:iPhone6s/iPhone6s Plus、メモリ容量倍増に加え最新メモリを搭載]

7.3Dタッチディスプレイ

圧力をセンサーを搭載することにより、タップ、ライトプレス(軽押し)、ディーププレス(深押し)の3種類のタッチの違いを認識できるようになった。

8.ケースの強度がアップ

iPhone 6で問題になったケースの「折れ曲がりやすさ」対策として、6sでは新たにケース素材に7,000番台アルミ合金を採用。

7,000番台のアルミ合金はその強度性で知られ、iPhone6との強度テストでも、iPhone6sはiPhone 6の2倍以上の耐久性を記録。

[関連記事:飛行機や新幹線なみの硬さ?新素材によりiPhone6sは筐体の強度がとんでもなくアップ!]

9.バッテリー

iPhone6sは1715mAh、iPhone6s Plusは2,750mAhと、それぞれiPhone6/6Plusの1,800mAh/2,910mAhから減少も、CPUの省電力化によりアップル公式での駆動時間は前モデルから変化なし。

・テックサイト「PhoneArena」によるバッテリーテスト

「実際の使用を想定して、Webスクリプトを動作。端末はどれも200カンデラの明るさに設定」したテストとのこと。

iphone-battery-2015-09-29-18.56.06

結果:

Galaxy S6 アクティブ:12時間9分

Xperia Z3 コンパクト:10時間2分

iPhone 6s:8時間15分

Galaxy S6 edge:8時間11分

Xperia Z3+(Z4):7時間15分

Galaxy S6:7時間14分

iPhone 6:5時間22分

iPhone 6sのバッテリー動作時間は8時間15分とiPhone6の5時間22分から大幅に増加、Xperia Z4(グラフではZ3+)やサムスンGalaxy S6をも超える。

[関連記事:iPhone 6sのバッテリーの持ちは良くなったのか悪くなったのか。XperiaやGalaxyと比較 ]

10.iPhone 6sシリーズのスペック

モデル iPhone 6s iPhone 6s Plus
OS iOS 9
ディスプレイ 3Dタッチ対応4.7インチ
(1334 × 750)
3Dタッチ対応5.5インチ
(1920 × 1080)
ディスプレイ解像度 326ppi 401ppi
CPU Apple A9+M9
メモリ 2Gバイト
ストレージ 16/64/128 GB
microSDカードスロット なし
背面カメラ 約1200万画素

iSightカメラ

F値2.2

裏面照射型CMOS True Toneフラッシュ
Live Photos

強化されたノイズリダクション

パノラマ最大63M

Focus Pixel

光学手ぶれ補正

前面カメラ 約500万画素

FaceTimeカメラ

F値2.2

Retinaフラッシュ

対応ネットワーク GSM / EDGE / DC-HSDPA / TD-SCDMA /
CDMA EV-DO Rev. A(CDMAモデルのみ) /
LTE Cat. 6(LTE-Advanced)
Wi-Fi

802.11a/b/g/n/ac

2×2MIMO対応

Bluetooth Bluetooth 4.2
センサー 第2世代Touch ID, 気圧計
NFC
バッテリー容量 1715mAh 2750mAh
バッテリー取り外し 不可
防水・防塵 なし
サイズ(たて×よこ×たかさ) 138.3 × 67.1 × 7.1 mm 158.2 × 77.9 × 7.3 mm
重さ 143 g 192g
本体カラー スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
通話時間 最大10時間 最大12時間

11.iPhone 6sシリーズ、各キャリアごとの価格

価格は税込み料金

・iPhone 6s 新規・MNP

iphone6s_new

・iPhone 6s 機種変更

iphone6s_old

・iPhone 6s Plus 新規・MNP

iphone6s_plus_old

・iPhone 6s Plus 機種変更

iphone6s_plus_new

【iPad mini 4】

12.ディスプレイが大幅に進化したiPad mini 4

・これまでより様々な色が見えるようになった。調査機関Display Mateによる各タブレットのsRGB色域カバー率スコア

(数値が高いほどディスプレイ性能が良く、多くの色が見えることが可能)

iPad mini 4:101%

iPad Air 2:101%

iPhone 6/6 Plus:101%

iPad mini 3:63%

iPad mini 4はsRGBカバー率101%と、前モデルのiPad mini3の63%から大幅な向上を見せ、iPad Air 2やiPhone 6と同等レベルにまで改善、様々な色が映すことが出来るように

「色域の意味が分からない」という場合はこちらをどうぞ(意味を丁寧に解説しています。)↓

[関連記事:iPad mini 4、ディスプレイ性能が大幅に改善されiPad Air2/iPhone6並みに]

・フルラミネーションディスプレイ搭載

カバーガラス、タッチセンサー、液晶ディスプレイの3層のパーツを1つに貼りあわせ空気層を無くした「フルラミネーションディスプレイ」を採用。iPad mini 3の7.5mmから6.1mmに薄型化。更にセンサーとの距離が近づくことによってタッチ精度も向上。

ipadmini

フルラミネーションディスプレイ

・低反射になり、文字がかなり読みやすく

反射率(数字が低い方が優秀)

iPad mini 4:2%

iPad Air 2:2.5%

iPad mini 2、iPad mini 3:6.5%

iPad mini:9%

iPad Air 2と同等の反射防止コーティングを採用することにより、iPad mini3から大幅に反射率が改善、iPad Air 2レベルの低反射が実現、明るいところでもかなり文字が読みやすくなった。

13.CPUのスペックアップ

チップセットがA8+M8モーションコプロセッサになり、CPU性能は1.3倍、グラフィック性能は1.6倍の向上がなされた。

・CPUの性能を測るベンチマークソフト「GEEKBENCH3」でのスコア結果

ipadmini4gekbench_single

ipadmini4gekbench_multi

ベンチマークスコアの各項目を見ると、Overall(全体:オレンジ)、Floating Point(浮動小数点数:赤)、integer(整数:緑)、Memory(メモリ:青)、どの項目も前モデルiPad mini3からスコア数値比で最大30パーセントほど性能が向上している。

14.そのほかの特徴:カメラ、300gを切った本体重量

・背面カメラの改良

500万画素から800万画素にアップ

・300グラムを切った重量

Wi-Fiモデルは298.8グラムと300グラムを切った。

加えてWi-Fi+セルラーモデルは304グラムと前モデルより最大37グラム軽い。

・価格(すべて税抜き価格)

16Gバイト 64Gバイト 128Gバイト
Wi-Fi 42,800円 53,800円 64,800円
Wi-Fi + Cellular 56,800円 67,800円 78,800円

15.iPad mini 4のスペック表

OS iOS 9
ディスプレイ 7.9インチ
ディスプレイ解像度 Retina(2048×1536)
CPU 64-bit A8,M8
メモリ 2Gバイト
ストレージ 16/64/128Gバイト
背面カメラ 800万画素
サイズ(縦×横×高さ) 203.2mmx 134.8mmx 6.1mm
ネットワーク 4G LTE (下り方向最大150Mbps)
ワイヤレス 802.11ac MIMO
本体カラー ゴールド、シルバー、スペースグレイ
その他 Touch ID
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    GeekBench3スコアの所、いつの頃の情報をまとめてるのでしょうか?
    メモリ項目などで最近更新されているのにそこだけ変わっていないのでコメントさせていただきました。

    • 小澤 司 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      発表直後の不正確なデータを表記、そのまま更新することなく放置しておりました。
      すぐに修正したいと思います。失礼いたしました。