22年新型MacBook Air、リークスペック情報まとめトピックス

スポンサーリンク

新型MacBook Air・Air Premium 、リークスペック情報

更新情報

5/19:「1:新型「MacBook Air」のポイント、スペック・発売日」「6:搭載チップは新型「Apple M2」か。MBA2022で初搭載」

4/23:「9:2023年には15インチMacBook Airが登場」

【2021年新型モデル】

New→1:新型「MacBook Air」のポイント、スペック・発売日

・新型「MacBook Air(2022)」の特徴、ポイント

発売:2022年後半

量産開始時期:2022年5月~9月

ディスプレイ:13インチ。ミニLEDディスプレイ搭載の可能性も

新デザイン:デザインがアップデートされ、ベゼル部分がさらに細く狭くなる。2021年10月に発表された新型MacBook Pro(MBP)に似たデザイン

搭載チップCPU:新型アップルシリコン、「Apple M2」を搭載。MBP(2021)搭載の「Apple M1X」「Apple M1 Pro」より、省電力性に優れたチップセット

新たな本体カラー:2021年新型「iMac」のように、さまざまな本体カラーが用意

拡張性:MacBook Pro(2021)とは異なり、SDカードスロットやHDMIポートの搭載は無い

New→・ブルームバーグによる発売日の予測

アメリカの大手経済メディアBloombergは、2022年2月のレポートで「2022年半ば~後半」の発売を伝えています。

・アナリストによる発売日の予測

一方、TFインターナショナル証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、新型MacBook Air の量産が2022年第2四半期後半または第3四半期の初めに開始されるとのこと。順当なスケジュールとして「2022年9月発売」といったところでしょうか。

同氏曰く、この次期モデルは「さらなる高性能化」「ミニLEDパネル搭載」「新型MacBook Proに似た新デザイン」「多様なカラー展開」を備えるとのこと。

New→・MBA2022の量産開始時期

上述クオ氏は、MacBook Air(2022)の量産開始時期を2022年第2四半期後半(5月・6月)~第3四半期(7月~9月)」になるとしています。

有名アナリストによる、「MacBook Air(2022)」のスペック予想。搭載チップ・デザイン・ミニLED有無・発売時期 ...

New→・WWDC22の開催日時がアナウンス

2022年6月6日から、アップルはWWDC22を開催。とりあえずは、その場での発表に期待大といったところ。

2:本体価格が安くなる?

・著名アナリストの意見

TFインターナショナル証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によれば、新型MacBook Airは「本体価格がさらに安くなる」とのこと。

新型高性能チップ「Apple M2」搭載に加え本体価格の低価格となると、ユーザーとしては願ったりかなったりといったところでしょう。

・高くなるとの意見も

一方、リーカーのLeaksApplePro氏は2021年11月のツイートで、ミニLED搭載によるコスト上昇により、次期MacBook Airの本体価格は現在のモデルより「高くなる」としています。

氏によれば、新型MBAの発売後も、現行MBAは廉価モデルとして販売が続行されるとのこと。新モデル発表後の現在も13インチMacBook Proが売られているとの同じ構図となります。

3:デザインの大幅なアップデート。ベゼル細く、本体軽く薄く

新型「MacBook Air(2022)」では、デザインが大幅にアップデート。

2021年10月に発表された「MacBook Pro(2021)」をベースに、ポップな雰囲気のものになるようです。

【予想/リークデザイン】

・現行モデルよりもベゼルが細く狭くなり、さらには本体サイズにも改良が加えられ、さらに薄く。ベゼルカラーはホワイト。

・こちらは本体カラー:グリーン。くわえてキーボードのカラーリングはホワイトと、ポップな印象に

・さらに本体軽量化

そのほか、本体重量もさらに軽いものとなります。現在のMacBook Air M1 13.3インチモデルの本体重量は1.29 kg。

なおディスプレイサイズは引き続き13インチのまま。ただ、アップルは15インチモデルの発売もも検討中とのこと。

新型「MacBook Air(2022)」、予想デザインまとめ 2022年の発売が期待される、新型「MacBook...

4:充電ポート「MagSafe 3」を搭載

大手メディアBloombergの2021年のレポートによれば、充電ポートとして「MagSafe」が復活。

MagSafeの最新バージョンは、2021年10月発売のMacBook Pro(2021)において搭載された「MagSafe 3」。MBP(2021)においても、ここ近年のモデルではMagSafeが省かれていました。

・MBP(2021)同様、充電ポート「MagSafe 3」を搭載。もちろんUSB-Cポートも装備

5:さまざま本体カラーが登場か

アップルのインサイダー情報に詳しい情報提供者、ジョン・プロッサ―氏によるリークデザインが次のもの。

なんでも、「iPad Air 第4世代」「iMac(2021)」と同様、新型MacBook Air 2021では、さまざま本体カラーが用意されるとのこと。

・シルバー、ブルー、グリーン、イエロー、オレンジ、パープル、ピンクと、さまざまな本体カラーが登場

・こちらは本体カラー:ブルー。iMac(2021)同様、濃い青色ではなく、淡く薄いパステルカラーな仕上がり

なおプロッサ―氏はiMac(2021)でも多色カラー展開を予想し、見事的中させています。

New→6:搭載チップは新型「Apple M2」か。MBA2022で初搭載

チップセットSoCは、新型SoC「Apple M2」が搭載されることが有力視されています。

このSoCは、現行「Apple M1」のアップデートモデル。とりわけグラフィック性能が強化され、GPUコア数はこれまでの7~8個だったものが9個~10個へと増強されます。

【Apple M1とApple M2のスペック比較】

Apple M1 Apple M2
コア数 8コア 8コア
GPUコア数 7コアまたは8コア 9コアまたは10コア
Neural Engineコア数 16コア
メモリ 最大16GB 32GB
メモリ帯域幅
TFLOPS 2.6TFLOPS
製造プロセスnm 5nm 4nm
トランジスタ数 160億個
CPU周波数 0.6~3.2 GHz

新型Apple M2チップは、既存のApple M1 Proチップより性能は劣るものの、4nm製造プロセスとなることで、現行Apple M1を大幅に上回る性能を達成するとされています。

・搭載チップはApple M2ではない、との声も

一方、著名アナリストのミンチー・クオ氏は、MBA2022で搭載されるSoCは「Apple M2ではなく、Apple M1 改良版」だとしています。

有名アナリストによる、「MacBook Air(2022)」のスペック予想。搭載チップ・デザイン・ミニLED有無・発売時期 ...

・次期MacBook Airで初搭載

また信頼できるリーカー、Dylandkt氏によると、Apple M2チップは2022年発売の「MacBookAir 2022」で初めて搭載されます。

7:ミニLEDパネル搭載の噂

・ミニLEDパネル搭載の噂

MacBook Air(2020)においては、これまで、「ミニLEDディスプレイ」の搭載が伝えられてきました。しかし著名アナリスト、TFI証券アナリストのミンチー・クオ氏は、2022年3月のレポートでこの話を否定しています。

・以前は、MacBook Air(2022)でのミニLEDパネル搭載が予想されていた

なお前述ミンチー・クオ氏や台湾メディアDIGITIMESなど多くの識者は、以前においては、次期MacBook AirでのミニLEDパネル搭載を予想していました。

よって今年発売のモデルでは無理でも、将来的にミニLEDパネル搭載の可能性は十分にありそうです。

・ミニLEDパネルについて

ミニLEDパネルとは、2021年3月に発表された「12.9インチ iPad Pro 第5世代」において、アップル製品として初めて搭載されたテクノロジー。

新型iPad Proを例にとると、一世代前のモデルに使われているLEDの120分の1という、微細なLEDを敷き詰めることで、画面明るさ・コントラストなどといった画面性能が大幅に向上しています。

さらに、画面明るさはピーク時1,600ニト、コントラストに比にいたってはなんと1,000,000:1(100万:1)を誇ります。

・12.9インチ iPad Pro 第5世代

8:SDカードスロット、HDMIポートの搭載は無し

MagSafeが搭載される一方で、SDカードスロットやHDMIポートなどといったポート類は引き続き搭載されません。

そこら辺りは、上位モデルのMacBook Proとの差別化によるところが大きいようです。

【2023年モデル】

New→9:2023年には15インチMacBook Airが登場

ディスプレイサプライチェーンコンサルタント(DSCC)が2022年3月下旬に出した四半期レポートによると、アップルは現在、「15インチMacBook Air」を開発しています。2023年の発売が目標となっているとのこと。

なおアップルとEpic Games の裁判により公開された資料によれば、同社は2008年以来、15インチMacBookAirの開発に取り組んでおり、かなり長い期間に渡って開発が進められているようです。

10:高性能モデル「MacBook Air Premium」が登場か

Bloombergによる2021年1月のレポート。それによれば、新型MacBook Airは、既存のMacBook Airとは異なる商品ラインに位置づけられるとのこと。

この新モデル、まるで「MacBook Air Premium」とでも呼ぶような、より高級なモデルになるといいます。

スポンサーリンク