新型「Xperia 5Ⅳ」はSnapdragon 8 Gen 1を搭載。発熱問題が心配

スポンサーリンク

新型「Xperia 5Ⅳ」はSnapdragon 8 Gen 1を搭載。発熱問題が心配

熱問題とSnapdragon 8 Gen 1

ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 5Ⅳ」では、チップセットにクアルコム「Snapdragon 8 Gen 1」を搭します。

今夏発売のモデルXperia 1Ⅳでも搭載されたこのSoCですが、他社のチップセット「Apple A15」「MediaTek Dimensity 9000」などに比べ、電力効率の悪さと消費電力の大きさで知られています。

例えば、Geekbench5を用いて行われたSoC性能のベンチマークテストでは、次の通りとなりました。

・各チップセットのGeekbenchスコアと電力効率

チップセット名 GeekBench5スコア※1 消費電力W(低いほど良い) 1ワット当たりのベンチマークスコア(高いほど電力効率が良い)
Apple A14 4280 6.7 639
Apple A15 4908 8.6 570
Dimensity 9000 4474 9.8 457
Snapdragon 888 3753 8.9 422
Snapdragon 8 Gen 1 3810 11.1 343

※1マルチコアスコア

さらに小さくなったXperia 5Ⅳ

またXperia 5Ⅳの本体サイズは、タテ155.74mm×ヨコ67.1mm。同約157mm×68mmだったXperia 5Ⅲより、さらに小さくコンパクトになりました

すなわち今後、「Snapdragon 8 Gen 1の搭載」と「さらにスリムになった本体サイズ」という2つの影響を受け、発熱問題がどのようになるか、注目すべきところとなっています。

参考文献:notebookcheck.net

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク